掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様へ
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の事業者の皆様の中の道路・河川・工事から掛川市橋梁長寿命化修繕計画
 
事業者の皆様

掛川市橋梁長寿命化修繕計画

更新日: 2013年9月27日
印刷する
 平成24年度までに、掛川市が管理する橋梁のうち、主要な99橋について維持管理計画計画の策定を行いました。

■背景・目的

管理橋梁の高齢化が今後急速にすすむことが予測されます。

 管理橋梁のうち、主要な橋梁の架設年別橋梁数を見ると、高度経済成長期に集中して建設されたため、2020年頃から、建設後50年以上の高齢化橋梁が急増し、20年後の2032年には全体の約62%にもなります。これら高齢化橋梁の劣化・維持管理費の増大が懸念されます。

グラフ

長寿命化修繕計画の目的と効果。

グラフ2

■長寿命化のための取り組み方針

掛川市では、平成20年度より、継続的に橋梁点検を実施しております。

 「掛川市 土木施設長寿命化計画橋梁点検マニュアル(案)」に基づき、定期点検を実施しています。
なお、点検の結果、掛川市の主要の99橋梁は、損傷の程度が軽微であることが、判明しております。

優先順位付けをし、メリハリのある修繕計画の策定と補修事業を実施します。

 点検の結果、通行に支障がないが修繕が必要な橋梁を優先的に対策します。また、橋梁毎の重要性を評価・数値化し、修繕計画を策定しました。

橋梁点検講習会風景
屋内講習会
屋内講習会
現地講習会
現地講習会



橋梁点検結果
鋼材への錆の発生
鋼材への錆の発生
コンクリートの剥がれ
コンクリートの剥がれ

■修繕計画の内容

掛川市において、主要な99橋について修繕計画を策定し、適切な「修繕方法・時期・費用」を検討しました。


表

 平成25年度より計画策定予定の橋梁について、講習を受けた職員により点検を実施し、損傷状態を確認し、緊急的な対応が必要な損傷があるかを、早期に把握します。

■長寿命化修繕計画の効果



表


■意見聴取した学識経験者

 この計画は、橋梁工学を専門とされる
 国立大学法人 山梨大学工学部土木環境工学科:杉山俊幸 教授 に助言を頂いております。

 計画策定部署 掛川市都市建設部維持管理課
  電話:0537-21-1154

お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 維持管理課 維持係
TEL: 0537-21-1154FAX: 0537-21-1165
お問い合わせフォーム
 
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.