掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の掛川茶の中の掛川茶を知るから掛川茶の定義(産地表示定義)について
 
世界農業遺産 静岡の茶草場農法掛川茶を知る
掛川茶を味わう
掛川茶を買う
掛川茶で健康
掛川茶をPR
 

「掛川スタディ」にご協力ありがとうございました

 
 
 研究内容がテレビで大きく取り上げられ話題となった緑茶の生活習慣病予防研究「掛川スタディ」。これまで順調に行われ、平成23年度をもって農林水産省事業の委託期間を終了します。
  延べ2,500人を超える皆様からいただいた血液など貴重なデータは、世界の人々の健康増進と茶業振興を目的としたこの研究に活用させていただきます。ご協力ありがとうございました。
  市では、引き続き緑茶の健康機能研究について全面的に協力していきますので、今後ともご理解、ご支援をお願いします。
 
   

eじゃん藤田寛之
TEAM SERIZAWA official site
吉岡亜衣加
オチャノキプロジェクト

掛川茶の定義(産地表示定義)について

更新日: 2019年7月9日
印刷する

 掛川茶振興協会は、『掛川茶の産地表示に関する定義』について、消費者感覚の変化に対応するとともに、消費者の理解が得やすく信頼される産地の表示とすることを目指し、掛川茶産地の歴史を踏まえ、その生産範囲を明確に定義するよう改正(2019年3月)を行いました。
 この新定義は、約1年の経過期間をおいて、2020年4月1日から新定義運用開始となります。

掛川茶の産地表示に関する定義について(2019年3月改正後)

 掛川茶とは、掛川市及び掛川市に隣接する合併前の旧金谷町、旧菊川町、旧小笠町、旧浜岡町、旧袋井市、旧浅羽町及び森町の範囲において生産される気候、土質、地形、栽培管理、製造方法等が同様な荒茶を100%原料として仕上げ加工したもの(ただし、掛川市内の荒茶工場で生産される荒茶原料を75%以上とするものに限る)。

掛川茶の生産範囲図

掛川茶の産地表示に関する定義を改正した理由

 輸送や鮮度等保存技術の発達は、食の多様化とグローバル化の急速な進展をもたらすこととなりました。この急速な食品流通の変化は、食品の品質に対する消費者の関心を高め、食品表示法が施行されるなど、生産地表示等への関心や重要性が増しています。
 掛川茶の産地表示の定義も2006年の決定から10年余を経過し、現在の消費者感覚との相違が見られるとの意見が寄せられました。
 今回、掛川茶振興協会は消費者感覚の変化に対応するとともに、消費者の理解が得やすく信頼される産地の表示とすることを目指し、掛川茶産地の歴史を踏まえ、その生産範囲を明確に定義するよう改正を行いました。

掛川茶の定義改正のポイント

新産地表示定義の運用開始時期

約1年の経過期間をおいて、2020年4月1日から新定義運用開始となります。(2019年3月改正)

掛川茶産地の歴史と概要

 1572年、和田岡地区高田の永住寺改築の際に檀徒数名が京都方面から茶の種子を持ち帰り、和田岡地区吉岡原に播いたのが始まりと伝えられる茶は、その後、隣接する地域に広がった。また、原泉地区でも、庄屋が伊勢参りの際に茶の実を持ち帰り、原泉地区孕石を開墾して茶の実を播いたと伝えられており、その後、旧掛川市域内に急速に茶園が拡大していった。
 1860年横浜の開港により茶の輸出品としての販路が拓けると、明治維新や文明開化の進展により農家の換金作物として広く茶が導入された。掛川市域においても主作物に発展していくのと同時に、掛川市内には多くの茶問屋が誕生し、旧掛川市域及び旧小笠郡域を中心とした範囲のお茶が集積され、北小笠茶や小笠茶として出荷、輸出された。また、掛川市内の生産農家も市域を越えた隣接自治体に経営茶園を拡大し、周辺地域のお茶を集積していった。
 この掛川に集積されたお茶は、1976年に掛川茶振興協会が設立されると、緑茶の健康効能への効果研究の取り組みが始められ、その名称を「掛川茶」と変えてブランド化が推進されるとともに、現在まで、高品質な掛川茶として数多くの商品が消費者に届けられている。
 以上の歴史的背景から、静岡県内の市町区割りによる掛川茶の生産範囲を、平成の市町合併前の旧掛川市、旧小笠郡、旧榛原郡金谷町、旧袋井市、旧磐田郡浅羽町及び周智郡森町の範囲とする。

掛川茶産地の歴史と概要


関連リンク


お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 お茶振興課
TEL: 0537-21-1216FAX: 0537-21-1212
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.