掛川市観光情報
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
HOME
いちおしイベント
いちおしルート
いちおしスポット
いちおし逸品
地図で検索
現在の位置
現在位置:HOMEの中の観光の中のいちおしイベントの中の八坂神社祇園祭から八坂神社祇園祭の紹介
 
いちおしイベント
八坂神社祇園祭
平成30年 日程
八坂神社祇園祭の紹介
八坂神社祇園祭の資料
祇園祭神事と祇園囃子
のもつ民俗文化的価値
天王祭とは
 

八坂神社祇園祭の紹介

更新日: 2018年8月27日
印刷する

はじめに

 歴史・伝統・規模とも日本一を誇る祇園祭は「祇園さん」で親しまれている京都八坂神社の夏祭りです。この八坂神社で今から約1100年あまり前、疫病退散を祈願して行われた祇園御霊会という行事が、現在の祇園祭の始まりです。
 こうした祇園牛頭天王の信仰は中世以後各地に天王信仰を生み、その数3,053社にのぼりました。その一つが、応徳2年(1086年)に遠江国中村(現:静岡県掛川市中)に勧請され、今も「中村のお天王様」として多くの人に親しまれています。その例祭である祇園祭の神事と祇園囃子は昭和59年(1984年)に静岡県無形民俗文化財に指定されています。
八坂神社祇園祭
八坂神社祇園祭

中村祇園社


歴史と由来

 中村祇園祭は、応徳2年(1086年)から現在まで約920年の伝統をもっていることが、古記録や古老の伝承でわかります。  
 この伝承を大きく分けると
 前期 1086年から1446年までの360年間
 後期 1446年から現在までの約560年間

前期360年間の伝承について

 京都祇園社が創建されてから次々に全国各地にお旅所を設けて牛頭天王が勧請された。歴史的に著名な土方(ひじかた)郷にも早くから天王社が勧請されており(土方青谷の里)、その御神体が亀惣川(かめそうがわ)の洪水のたび3度に渡って中村の現在の青谷の里に流れ着いたため、よくよくゆかり多き地としてここを青谷と名付けて祀ることにした。
 昭和40年代の亀惣川改修の際、中村青谷の川底に立派な石畳の神社跡が発見されました。
 ここに天王社(八坂神社)があったという事実と、相当大きな規模であったことも確認されました。

後期1446年から現在までの約560年間の伝承

 中村祇園祭は、京都八坂神社の祇園祭をほとんどそのまま伝承しています。これは、数百年という長い歴史の中で京都天王祭の本流やその変遷を知る者が中村祇園祭にその要素を取り入れたためでしょう。
 考えられるのは、1446年に満勝寺(現:掛川市中)を創建した京都本満寺の日秀上人と愛弟子日住上人、その後歴代の上人が京都祇園祭を中村祇園祭に伝承指導したということです。
 中村(掛川市中)に存在する神社は、満勝寺創建後に勧請されたものが多く、青谷にあった八坂神社も満勝寺創建後の1446年頃、現在の場所に移築されたと思われます。
満勝寺
満勝寺
八坂神社
八坂神社

祇園祭・祇園囃子行事

八坂本社から青谷旧社への神幸行事(本祭より7日前)神輿渡御

神輿渡御
神輿渡御
みくじ
みくじ
 

本祭第一日

満勝寺参拝
満勝寺参拝

本祭第ニ日

八坂神社参道に並ぶ提灯姿の山車
八坂神社参道に並ぶ提灯姿の山車

「山車彫刻の龍」「五反幟の龍」

 祇園牛頭天王につらなる社の祭は、多くは河川、井戸、海など水に関わりがあります。これはこの神が龍蛇の神であることをあらわしています。

山車より松おろし

 本祭において山車による八坂神社までのお供がすみ、山車から松をおろせば、すでにそこには神が宿っていないことになります。
 山車から松をおろしたときに、お囃子を一斉にやめ、提灯の火も 消すのはそのためです。

流鏑馬神事

 中村祇園祭では、青谷旧社前と八坂本社前で行われています。
 神輿渡御の路の魔を祓い清める行事です。

垢離とり

 神幸行事に携わる者が、遠州灘海岸で心身を清める行事です。

警護(警固)

 警護は、一文字笠・扇子の姿です。京都では江戸時代中期頃出現しました。裃姿は江戸時代の武士の正装であります。それがなぜ当時の人々に許されたのでしょうか?これはいかにこの祭が格式高いものであったかを物語るものです。
 警護は「警護の位取り」の式があってその任に就きます。
 警護は各区を代表する最高の権威者であり、相互の儀礼、言葉、挨拶は極めて大切に伝承されています。
 中村の警護の神前での作法は、正式参拝の儀法です。
警護儀礼
警護儀礼

祇園祭の仕組

 封建時代の社会制度、風俗習慣をそのまま現在に伝えています。
 お役人 警護 中老 若衆

祇園囃子の内容

 

古記録および古代から伝わる祭具

祭神、神事、祇園囃子の由来に関するもの


参考文献

 中村八坂神社の神事と祇園囃子の記録(昭和62年10月 八坂神社神事と祇園囃子保存会)

お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 観光・シティプロモーション課 観光交流係
TEL: 0537-21-1121FAX: 0537-21-1165
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.