掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の広報かけがわの中の広報プラスONEの中の2017年7月から8月から2017年7月31日  生コン車で給水支援 中東遠生コン組合と県内初の災害協定
 
広報かけがわ

2017年7月31日  生コン車で給水支援 中東遠生コン組合と県内初の災害協定

更新日: 2017年7月31日
印刷する
松井市長(左)から認定証を受け取る岩崎代表理事
松井市長(左)から認定証を受け取る岩崎代表理事
ミキサー車の前で協定書を披露する松井市長(右から3番目)と組合員
ミキサー車の前で協定書を披露する松井市長(右から4番目)と組合員

 掛川市は7月31日、掛川・菊川・御前崎市内の生コンクリート工場6社で組織する静岡県中東遠生コンクリート協同組合(岩崎茂雄代表理事)と、「災害時における応急対策に関する協定」を締結しました。中央消防署で行われた締結式には、松井市長をはじめ、岩崎代表理事や各組合員、近隣の組合関係者など約30人が出席。協定書にサインを交わしました。県内に8支部ある生コン組合の中でも、行政機関との災害協定は初となります。
 協定では、地震や風水害、火災などの災害が発生した際、組合は市の要請に応じ、コンクリートミキサー車による給水活動や火災発生時の消火用水の運搬、生コン工場の建設機材や砂、土のうの提供などを行います。平成28年12月、新潟県糸魚川市での大規模火災では、水利不足を補うためにコンクリートミキサー車が活躍したことから、双方の連携を図り、災害に備えることとなりました。
 松井市長は「大須賀区域にも住宅密集地がある。この協定により市民の生命・財産の確保が図られる」と期待しました。岩崎代表理事は「組合設立の趣旨の一つが地域への社会貢献。積極的に訓練へ参加し、建設業組合とも連携し災害に対応していく」と力強く話しました。

2017年7月31日

お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 市長政策室 広報広聴係
TEL: 0537-21-1123FAX: 0537-21-1167
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.