掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の広報かけがわの中の広報プラスONEの中の2019年9月から10月から2019年9月7日 市民の意見を今後に生かす 在宅医療・介護を考えるワークショップ
 
広報かけがわ

2019年9月7日 市民の意見を今後に生かす 在宅医療・介護を考えるワークショップ

更新日: 2019年9月7日
印刷する
タイトル 
グループワークで意見交換する参加者ら
 在宅医療・介護を考えるワークショップが97日、東京女子医科大学大東キャンパス(下土方)で開催されました。医療関係者や大東・大須賀区域の市民ら74人が参加し、在宅医療・介護の疑問や問題について、ワークショップ形式で意見交換を行いました。
 市の委託を受けて(一社)小笠医師会が実施。今後ニーズ急増が予測されている在宅医療・介護の体制整備のため、市民と医療関係者の意識のずれについて意見交換を通して確認しました。参加者は高齢夫婦における在宅介護事例をもとに、当面必要な対応や、今後に備えた対策について意見を出し合いました。
 参加した鈴木睦子さん(山崎)は「今後の自分たちの生活を考えるため参加した。少しでも長く、自宅で安心して過ごせる地域になれば」と話しました。
 同医師会では今後掛川区域でも2回のワークショップを行い、それぞれの区域の意見や疑問を今後の地域医療推進に反映していきます
2019年9月7
お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 市長政策室 広報広聴係
TEL: 0537-21-1123FAX: 0537-21-1167
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.