掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の広報かけがわの中の広報プラスONEの中の2020年9月から10月から2020年9月1日 コロナ禍の避難考える 西郷小6年生がオンライン学習
 
広報かけがわ

2020年9月1日 コロナ禍の避難考える 西郷小6年生がオンライン学習

更新日: 2020年9月1日
印刷する
タイトル 
▲教室前方のモニターに映し出された静大生と積極的に意見交換をする児童ら 

 西郷小学校は91日、6年生26人を対象に、静岡大学の学生によるコロナ禍の避難に何が必要かを考える道徳授業をオンラインで行いました。
 児童は、静大生が考えたオリジナル絵本を見ながら、新型コロナウイルスの感染に注意しながらの避難になることやタオル、紙石けんなど避難時に必要な物を、事前に準備しておくことなどを学びました。また、「おばあちゃんと山のふもとに暮らしていて、大雨が降ったら避難するか」など、静大生からの問いかけを真剣に考え、「避難するときにけがをする可能性があるので家にとどまる」など、自分の意見を積極的に発表していました。
 福井友彩(ゆい)さんは「楽しかった。今日教わった避難に必要な物を、家に帰ったら準備したい」と感想を話しました。
2020年9月1日


お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 市長政策室 広報広聴係
TEL: 0537-21-1123FAX: 0537-21-1167
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.