掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の広報かけがわの中の広報プラスONEの中の2018年5月から6月から2018年6月17日 災害現場にドローン投入 土砂災害防災訓練
 
広報かけがわ

2018年6月17日 災害現場にドローン投入 土砂災害防災訓練

更新日: 2018年6月17日
印刷する
上空からの撮影に向かうドローン 
上空からの撮影に向かうドローン

要支援者らを担架で運ぶ訓練を行う消防団員
要支援者らを担架で運ぶ訓練を行う消防団員
 掛川市土砂災害防災訓練が6月17日、市内全域の土砂災害危険区域で実施されました。
 訓練は、大雨警報発令後に局地的な大雨を観測し、市から避難準備情報を発令したという想定。これに合わせ、住民は各家庭で作成した避難計画に基づき、避難のタイミング、避難場所や経路を確認しました。
 今回モデル区となった長間区では、区民や自主防災会をはじめ、消防団、消防署などが連携した訓練が行われ、約120人が参加しました。避難準備情報の発令後、消防団員が高齢者や要支援者を車いすや担架で搬送するなど、避難方法を確認し合ったほか、土砂崩れの現場状況を迅速に調査するため、ドローンを取り扱う市内事業所などと連携し、空中からの状況確認を行いました。
 ドローンは夜間撮影が可能な赤外線カメラを搭載した機種など3種類を投入。災害現場の上空から映像を公会堂内のモニターに映し出し、住民とともに状況を確認するなど、今後の活用方法などの検証も行いました。
 松井市長は講評で、全国各地で発生する土砂災害などに触れながら、「自然災害はいつ起こるかわからない。家族との連絡、自分の行動など、瞬時に頭に浮かぶような訓練をし、防災意識を高めることが大切」と呼びかけました。

2018年6月17日

お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 市長政策室 広報広聴係
TEL: 0537-21-1123FAX: 0537-21-1167
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.