掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の市民の皆様の中の防災の中の地震対策から東海地震・南海トラフ巨大地震とは
 
市民の皆様

東海地震・南海トラフ巨大地震とは

更新日: 2018年9月20日
印刷する

東海地震とは

1.東海地震の仕組み

 地球の表面は、厚さ約100キロメートルの十数個のプレートによって覆われています。
 さて、私たち掛川市が乗っているユーラシアプレートの下へ、駿河湾から遠州灘付近でフィリピン海プレートがもぐり込んでいます。東海地震は、フィリピン海プレートの沈み込みに引きずられたユーラシアプレートが限界に達し、やがて跳ね上がることによって発生するものです。

2.東海地震が起きる可能性

 東海道から南海道地域の地震については古くからの資料があり、これによると、この地域では100年から150年くらいの間隔で巨大地震が繰り返し起こっています。1854年安政東海地震以降、150年以上にわたって巨大地震が発生しておらず、プレートの歪みは限界に達しているものと考えられています。
 この東海地震説が昭和51年に発表されて以来、さまざまな対策がされてきました。幸いにしてこれまで発生することなく現在に至っているものの、日一日と東海地震の発生が近付いていることは間違いありません。東海地震はマグニチュード8クラスの巨大地震になることが予想されますので、家族に怪我のないように家具の固定や消火器を準備し、いざという時の家族の役割などを話し合い、日頃から地震対策をしっかりしておきましょう。

南海トラフ巨大地震

1.南海トラフとは

 南海トラフとは、ユーラシアプレートの下にフィリピン海プレートが潜り込む、駿河湾から日向灘までの場所のことです。
 南海トラフを震源域とする巨大地震は繰り返し発生しており、東海地震の震源域も南海トラフに含まれています。

2.南海トラフ巨大地震とは

 南海トラフ巨大地震とは、南海トラフ沿いを震源域とする、マグニチュード9程度の地震です。発生頻度は極めて低いが、発生すれば甚大な被害をもたらす、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの地震・津波(千年~数千年に1回程度の発生頻度)を想定したものです。
 地震から身を守るためには、耐震化や家具固定などのハード対策と、避難訓練などのソフト対策の両方が必要です。地震が発生する前に、自分にできる対策をしましょう。

関連リンク


お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 危機管理課
TEL: 0537-21-1131FAX: 0537-21-1168
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.