掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の市民の皆様の中の防災の中の防災施設 から海岸防災林強化事業「掛川モデル」
 
市民の皆様

海岸防災林強化事業「掛川モデル」

更新日: 2020年4月10日
印刷する

弁財天川東のイメージ図
弁財天川東のイメージ
 掛川市では、南海トラフ巨大地震により想定される最大クラス
(レベル2)の津波により浸水被害が想定されていることから、
地震・津波による死亡者ゼロを目指し、計画区間9.7キロメートルの海岸林において、レベル2津波に対応した高さに防潮堤を嵩上げし、クロマツや広葉樹を植栽する海岸防災林強化事業「掛川モデル」を、平成26年度より着手しました。盛土や植樹などの工事から維持管理までを、市民・企業との協働と、国や県などの事業との連携、協力により行い、次代を担う若者や子どもたちが集う「掛川潮騒の杜(しおさいのもり)」づくりを推進していきます。

テーマ

 次世代につなぐ安心の絆 掛川潮騒の杜

基本方針


計画期間

 平成26年度よりおおむね15年間
  ただし、中間目標として、平成31年度末で40%、平成37年度末で80%

潮騒の杜サポーター

潮騒の杜サポーター制度
潮騒の杜サポーター制度
 潮騒の杜づくりを円滑に進めるため、市民・企業などと行政が協働による取り組みの体制「潮騒の杜サポーター制度」が必要です。
 潮騒の杜づくりに参加いただく企業と県と市が協定を結ぶことにより、息の長いサポートが期待されます。市では、認定証の発行、ロゴマークの付与、認定看板の設置など、企業の活動・広報をサポートしていきます。

掛川モデル推進協議会

掛川モデル推進協議会
掛川モデル推進協議会
 掛川モデルの整備にあたり、地元の市議会議員、区長を始めとする関係者へ情報提供を行い、住民や企業自らが安全・安心な生活を確保するため、協働して整備促進を図ることを目的に「掛川モデル推進協議会」を設立しました。
 掛川モデルの整備や維持管理、利活用については、多くの課題が考えられます。掛川モデル推進協議会において、これらの課題について検討しました。
 掛川市では、協議会での意見や提案を基に、計画・設計・維持・管理の基本的な考え方を示す「掛川モデル基本計画書」を策定しました。

内陸フロンティア

掛川モデル内陸フロンティア推進区域
内陸フロンティア推進区域
 静岡県では、「安全・安心で、魅力ある県土ふじのくにの実現」に向けて、防災・減災と地域成長を両立させた魅力ある地域づくりを実現する内陸フロンティアを拓く取り組みを推進しています。
 掛川モデルによる海岸防災林強化事業を行う地域も、平成26年10月14日に内陸フロンティア推進区域(「掛川市海岸命を守る希望の森づくり地区」推進区域)の指定を受けました。

ダウンロード


関連リンク


Get Adobe ReaderPDFの書類をみるためには、Adobe Readerが必要となります。
お手持ちのパソコンでPDF書類をご覧になれない場合は、左のバナーをクリックしAdobe Readerをダウンロードしてください。

お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 基盤整備課 事業調整室 海岸整備推進係
TEL: 0537-21-1153FAX: 0537-21-1165
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.