掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の市民の皆様の中の介護から施設利用時の負担軽減制度
 
市民の皆様

施設利用時の負担軽減制度

更新日: 2018年8月1日
印刷する
 介護保険で施設サービスを利用した場合の負担額は、サービス費用の1割から3割、食費、居住費、日常生活費のそれぞれ全額が利用者の負担となります。短期入所生活介護・療養介護と通所介護、通所リハビリテーションの滞在費・食費も全額自己負担します。
 所得の低いかたが介護保険施設を利用(短期入所を含む)する場合は、本人および世帯の課税状況によって、居住費(滞在費)と食費に一定の限度額が設けられています。
 低所得のかたは所得に応じた負担限度額までを自己負担し、残りの基準費用額との差額分は介護保険から給付されます。(特定入所者介護サービス費)
 施設が定める居住費および食費が基準額を下回る場合は、施設の定める額と自己負担限度額の差額が給付されます。
※介護保険施設とは、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設・介護医療院・介護療養型医療施設のことです。

対象者要件とその利用者負担限度額

基準費用額(1日当たり)

 基準費用額とは、施設における居住費・食費の平均的な費用を勘案して定める額のことです。利用者負担は施設と利用者の間で契約により決められますが水準となる額が定められています。

負担限度額(1日当たり)

利用者負担段階 居住費などの負担限度額 食費の負担限度額
ユニット型個室 ユニット型
個室的多床室
従来型個室 多床室
第1段階820円490円490円
(320円)
0円300円
第2段階820円490円490円
(420円)
370円390円
第3段階1,310円1,310円1,310円
(820円)
370円650円
※介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の負担限度額は( )内の金額となります。

負担軽減制度の申請について

対象者

申請書

 介護保険負担限度額認定申請書

申請に必要なもの

申請窓口

審査結果

 後日郵送となります。

有効期間について

 申請日の属する月の初日から、翌年度の7月31日(申請月が4、5、6月の場合はその年の7月31日)までです。

更新について

 8月以降もこの制度を利用して、介護保険施設を利用される場合には、更新の手続きが必要です。
※負担限度の段階をそのまま引き継ぐものではありませんのでご注意ください。

申請書ダウンロード


お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 健康長寿課
TEL: 0537-21-1196FAX: 0537-21-1163
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.