掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の市民の皆様の中の介護から介護保険の加入・保険料について
 
市民の皆様

介護保険の加入・保険料について

更新日: 2018年11月1日
印刷する

介護保険の加入(被保険者資格の取得)について

65歳になった場合(第1号被保険者)

 65歳を迎える誕生日の前日に、介護保険第1号被保険者の資格を取得します。掛川市窓口での手続きは特に必要ありません。
 介護保険被保険者証は誕生月の上旬、介護保険料納入通知書は誕生月の翌月中旬にお送りします。65歳になられたばかりのかたは、年金から介護保険料は控除(天引き)されませんので、納入通知書を金融機関又はコンビニエンスストアの窓口にご持参のうえ納めてください。
 口座振替の登録は金融機関等にお申し込み後、2ヶ月ほどお時間がかかりますので、事前に口座振替の手続きをしていただくと便利です。

40歳になった場合(第2号被保険者)

 医療保険の加入者が40歳になった場合、誕生日の前日に第2号被保険者の資格を取得します。
 第2号被保険者は、加入している医療保険から保険料が徴収されますので、介護保険の加入の手続きの必要はありません。

65歳以上のかた(第1号被保険者)の保険料

保険料の納め方

徴収 納め方 対象者
特別徴収 年金の定期払い(年6回)の際に、介護保険料が天引きされます。老齢基礎年金・老齢退職年金・遺族年金・障害年金が年額18万円以上のかた
(年金月額15,000円以上のかた)
普通徴収 掛川市から送付される納付書にもとづき、納期限までに納めます。老齢基礎年金・老齢退職年金・遺族年金・障害年金が年額18万円未満のかた
(年金月額15,000円未満のかた)

 特別徴収対象の方でも次のような場合には普通徴収になることがあります。
  年度の途中で他の市区町村から転入した
  税の申告や修正申告をした結果、年度途中で保険料額が変更になった
  年金現況届の未提出(遅延)、年金担保により保険料が年金から天引きできなくなった
  受給している年金の種類が変わった

  【注意点】
 郵便局では納付することができません(口座振替の申込はできます)。
 『取扱期限』を過ぎた納付書はコンビニ納付はできませんので、金融機関等窓口でお支払いをお願いし   
 ます。



保険料(平成30年度から3年間)

 平成30年度以降も保険料段階を11段階に設定しました。
 保険料は前年の所得に応じて変わります。
段階 保険料年額
(月額)
対象者
第1段階30,600円
(2,550円)
世帯全員が市民税非課税で、課税年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円以下のかた
第2段階43,800円
(3,650円)
世帯全員が市民税非課税で、課税年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円を越えて120万円以下のかた
第3段階50,400円
(4,200円)
世帯全員が市民税非課税で、課税年金収入額と合計所得金額の合計額が120万円を越えているかた
第4段階60,600円
(5,050円)
本人が市民税非課税で世帯に市民税課税者がいるかたで、
本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円以下のかた
第5段階
(基準額)
67,200円
(5,600円)
本人が市民税非課税で世帯に市民税課税者がいるかたで、
第4段階以外のかた
第6段階80,400円
(6,700円)
本人が市民税課税で、合計所得金額が120万円未満のかた
第7段階87,600円
(7,300円)
本人が市民税課税で、合計所得金額が200万円未満のかた
第8段階100,800円
(8,400円)
本人が市民税課税で、合計所得金額が300万円未満のかた
第9段階114,000円
(9,500円)
本人が市民税課税で、合計所得金額が400万円未満のかた
第10段階134,400円
(11,200円)
本人が市民税課税で、合計所得金額が700万円未満のかた
第11段階147,600円
(12,300円)
本人が市民税課税で、合計所得金額が700万円以上のかた

40歳から65歳未満のかた(第2号被保険者)の保険料

保険料の納め方

 加入している医療保険から保険料が徴収されます。

保険料

 保険料は加入している医療保険によって異なります。詳しくは医療保険者にお問い合わせください。

関連リンク


お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 健康長寿課
TEL: 0537-21-1196FAX: 0537-21-1163
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.