掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の市民の皆様の中の介護から介護保険サービスを受けるには(要介護認定)
 
市民の皆様

介護保険サービスを受けるには(要介護認定)

更新日: 2018年3月15日
印刷する
 介護保険による介護サービスを利用するには、「介護が必要な状態である」と認定(要介護認定)を受ける必要があります。介護サービスを利用するまでの手順は以下のとおりです。

1 対象となるかた

※16種類の病気は、以下のものを指します。
(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限ります)

2 申請

 掛川市役所の本庁1階または大東支所(南部大東ふくしあ)・大須賀支所(南部大須賀ふくしあ)へ申請してください。
 「要介護(要支援)認定(更新認定)申請書」「要介護(要支援)認定区分変更申請書」などは窓口に置いてありますので、本人または家族が窓口に申請してください。本人や家族が申請に行くことができない場合は地域包括支援センター、または居宅介護支援事業者および介護保険施設に申請を代行してもらうこともできます。

持ち物

※40歳から64歳までのかたの申請につきましては特定疾病と診断された場合に限ります。

3 訪問調査

 市の職員等がご家庭などに訪問して、本人の心身の状況などについて本人と家族などから聞き取り調査します。調査は1時間程度かかります。

4 主治医の意見書

 1の申請の際に、主治医(かかりつけ医)の氏名、医療機関名を申請書に記入していただきます。
(市役所から主治医に意見書の作成を依頼します。基本的には市役所で意見書を取り寄せますので、ご本人からの提出の必要はありません)

5 審査・判定

 訪問調査の結果と特記事項、主治医意見書をもとに「介護認定審査会」で審査し、要介護状態区分の判定が行われます。
 介護認定審査会は医療、保健、福祉の専門家で構成されています。

6 認定

 介護認定審査会の判定に基づいて、「非該当」「要支援1・2」「要介護1から5」までの区分に分けて認定され、市役所から認定結果通知書と認定結果を記載された被保険者証が送付されます。
 申請から原則30日以内に通知しますが、認定が遅れた場合は遅延通知が市役所から送付されます。

7 介護サービス計画の作成

 認定結果をもとに、下記機関へ依頼し専門家(介護支援専門員=ケアマネージャー)に心身状況に合った介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらいます。(介護サービス計画は自分でも作成できます)
 依頼する事業者が決まったら、市役所へ「居宅サービス計画作成依頼届出書」を提出します。

用語説明


8 介護サービスの利用

 介護サービス計画に基づいて、サービスを利用できます。
 介護サービスを利用する人は、サービス費用の1割または2割を自己負担します。また、要支援1から要介護5までの段階によってそれぞれ支給限度額が定められており、限度額以上の費用については自己負担となります。自己負担額が高額になり一定額を超えたとき、申請により超えた分が「高額介護サービス費」として後から支給される場合があります。詳しくは下記関連リンク「高額介護サービス費」を参照してください。

申請書ダウンロード


関連リンク


お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 長寿推進課 介護認定係
TEL: 0537-21-1142FAX: 0537-21-1163
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.