掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の市民の皆様の中の住まい・土地からかけがわランド・バンクと空き家対策の協定を結びました
 
市民の皆様

かけがわランド・バンクと空き家対策の協定を結びました

更新日: 2019年2月13日
印刷する


掛川市は、今や社会問題となっている空き家問題を解決に導くため、平成29年8月に「掛川市空家等対策計画」を策定しました。そして、この計画に基づき空き家対策を実施しています。
平成30年2月23日、空き家対策に関する協定をNPO法人かけがわランド・バンク(丸山理事長)と締結しました。この協定により、地区・地域、かけがわランド・バンク、掛川市の3者が協働し、空き家問題を解決に導きます。

協定締結式の様子(平成30年2月23日)


 NPO法人かけがわランド・バンクのみなさまと松井市長

「かけがわランド・バンク」とは?

かけがわランドバンクは、「空き家問題の解決から掛川を元気にしたい」という理念のもと、
   ・空き地、空き家の利活用による地域活性化推進
   ・掛川市空家等対策計画に基づく「特定空家ゼロ」のまちへの寄与
   ・空き家、空き地、狭あい道路の区画再編事業の調整
   ・空き家を媒体とした新たなビジネス
を目的として設立されたNPO法人です(平成29年12月22日設立総会、平成30年2月9日認証)。
メンバーは、建築士、司法書士、土地家屋調査士、宅地建物取引士、税理士などの専門家です。 

なぜ、協定を結んだの?

「掛川市空家等対策計画」では、空き家対策の実施体制をタスクフォース(専門家集団)と市民と行政の協働としました(下図参照)。



掛川市が想定した「タスクフォース」とは、法律、設計、会計、測量、不動産等の各分野のエキスパートが集まった組織です。掛川市空家等対策計画では、新たな公共領域を担う組織として「タスクフォース」を位置付けております。かけがわランド・バンクは、掛川市が望んだタスクフォースそのものなのです。
新たな公共領域のイメージ



タスクフォース(民間専門家組織)のイメージ

掛川市空家等対策計画概要版より抜粋

タスクフォースであるかけがわランド・バンクとの協働をより確実なものとするため、協定を締結しました。

外部リンク





 お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 都市政策課 住宅政策室 住まい・空き家対策係
TEL: 0537-21-1152FAX: 0537-21-1164
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.