掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の市民の皆様の中の税金から新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方に対する徴収猶予の「特例制度」について
 
市民の皆様

新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方に対する徴収猶予の「特例制度」について

更新日: 2020年9月15日
印刷する

市税における徴収猶予の特例制度

 新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、1年間、市税の徴収の猶予を受けることができます。
 担保の提供は不要で、延滞金もかかりません。

(注意)猶予期間内における途中での納付や分割納付など、事業の状況に応じて計画的に納付していた 
    だくことも可能です。

 ※本制度では納税義務は消滅しません。猶予期間経過後に納付いただく必要があります

対象者

 以下のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者(個人法人の別、規模は問わず)が対象となります。
1 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等
  に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること
2 一時に納付し、または納入を行うことが困難であること。

(注意)「一時に納付し、または納入を行うことが困難」かの判断については、少なくとも向こう半年間
     の事業資金を考慮に入れるなど、申請されるかたの置かれた状況に配慮し適切に対応します。

対象となる市税

 令和2年2月1日から令和3年2月1までに納期限が到来する市税が対象となります。
 これらのうち、すでに納期限が過ぎている未納の市税(ほかの猶予を受けているものを含む)についても、遡ってこの特例を利用することができます。

申請手続き

 令和2年6月30日、または、納期限(納期限が延長された場合は延長後の期限)のいずれか遅い日までに申請が必要になります。
 申請書のほか、収入や現預金が分かる資料を提出していただきますが、提出が難しい場合はご相談ください。
 徴収猶予の特例にかかる申請書、記載例は下記添付ファイルの通りです。

 申請書と併せて、下記ファイルの財産収支状況書、財産目録、収支の明細書を添付してください。
 申請書提出方法は新型コロナウイルス感染拡大予防のため、原則として掛川市役所納税課へ郵送になります。
 財産収支状況書:猶予を受けようとする金額が100万円以下の場合
 財産目録、収支の明細書:猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合

 また、eLTAXでも申請することができます。詳しくは下記ウェブサイトをご確認ください。

申請の結果

 申請書を受付後、申請内容を審査した上で、許可、または不許可の通知書を郵送します。

口座振替をご利用中のかたは

 徴収猶予を受けた税の口座振替は、一時停止となります。
 しかし、猶予の申請が、納期限(振替日)の14日前を過ぎると、振替を停止することができないため、口座振替されます。この場合は後日、振替口座に還付します。

納税証明書

 徴収猶予を受けても、未納の税が納期限を経過した部分は、納税証明書では滞納がある記載になります。
 特別徴収義務者が徴収猶予を受けた場合は、給与の支払いを受ける従業員等の納税証明書に、同様に未納の金額が表示されます。

その他

 徴収猶予の特例制度に該当しない場合でも、既存(徴収・換価)の猶予制度に該当する可能性がありますので、御相談ください。

関連リンク




Get Adobe ReaderPDFの書類をみるためには、Adobe Readerが必要となります。
お手持ちのパソコンでPDF書類をご覧になれない場合は、左のバナーをクリックしAdobe Readerをダウンロードしてください。

お問い合わせ先
部署: 掛川市役所 納税課 収納対策室
TEL: 0537-21-1206FAX: 0537-21-1164
お問い合わせフォーム
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.