掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の市政情報の中の行財政改革から公共施設再配置計画の策定について
 
サイトについて
【公共施設の未来を考える~次世代に負担を残さないために~】

 市の施設の多くは昭和50年代に整備され、既に40年ほど経過しており、近い将来、
同時期に大規模改修や建て替えが集中することが見込まれ、現状の規模を維持する
には多額の維持更新費用が必要となります。
 市は、平成28年3月に「掛川市公共施設等総合管理計画」を定め、施設の長寿命化
や保有総量の最適化の検討を進めてきました。そしてこの度、同計画を推進するため、
今後50年間の縮減目標や再配置の方向性など、現時点の考え方を「掛川市公共施設再
配置方針」としてまとめました。
 今後、地区説明会やアンケート調査などにより、市民ニーズの把握及び情報共有に
努めながら、令和2年10月頃までに「掛川市公共施設再配置計画」の策定を進めてい
く予定です。
 
 1 施設サービスの質的向上に向けた「掛川市公共施設再配置方針」の策定

 (1)縮減目標
   公共建築物の延べ床面積に対して 25% を削減
   ※インフラは現状維持、公共建築物を縮減

 (2)再配置検討の方向性
   ① 縮充
      統廃合や複合化などの機会を活用し、既存施設ではなし得なかった施設の
      質的向上を図る
   
   ② 用途別検討
     1)地域レベル
       地域ごとに複合化し、交流や賑わいの創出
  
     2)全市レベル
       用途ごとに検討し、公民連携の拡大

 (3)施設再配置に向けた評価
   ① 一次評価
     ハード面(老朽化度)、ソフト面(利用率・コスト)の状況に応じた優先順位付け

   ② 二次評価(客観的・機械的評価)
     公共性、民間実施の可能性、立地特性などによる施設評価

   ③ 最終評価(政策的評価)
     まちづくりの方向性や各種計画を踏まえた総合的評価

   ※ 上記①から③の結果により、施設ごとに「再配置検討の方向性」及び「再配置
     検討の時期」を設定
 
      方向性 : 継続、統合、複合化、減築、廃止、譲渡
      時  期 :1期を10年として5期まで設定
     
 (4)公共施設の再配置(案)

   再配置(案)PDF 849KB
   再配置(案)説明資料 PDF 1,092KB

 (5)ダウンロードデータ

   再配置方針 本文 PDF 1,022KB
   再配置方針 概要 PDF 1,238KB

 
 2 市民ニーズの把握や情報共有のための地区説明会開催

 今後策定を目指す再配置計画は、50年先を見据えた計画となります。計画を推進・
具現化するため、市民と行政が現状や課題、公共施設マネジメントの必要性を共有し、
市民ニーズを的確に反映させる計画が必要です。
 策定には、地区説明会や市民アンケート調査などを通じて情報共有や議論、ニーズ
の把握に努めます。
 また、計画策定には中長期的な視点で取り組む中、社会経済情勢や市民ニーズの
 変化 などに対応し、10年ごと見直しを行います。

 <公共施設再配置計画策定における地区説明会日程表>

 時 間
  午後7時00分 ~ 午後8時30分

 日程・開催場所
  第1回 10月25日(金) 東中学校区    総合福祉センター2階会議室

  第2回 10月29日(火) 西中学校区    市役所4階会議室

  第3回 10月31日(木) 大浜中学校区   大東支所3階市民交流センター会議室

  第4回 11月 5日(火) 大須賀中学校区  大須賀支所南館2階会議室

  第5回 11月 7日(木) 城東中学校区   大東北公民館2階集会室

  第6回 11月12日(火) 北中学校区    徳育保健センター2階徳育ホール

  第7回 12月10日(火) 栄川中学校区   栄川中学校3階多目的室

  第8回 12月12日(木) 原野谷中学校区  原野谷中学校2階図書室

  第9回 12月17日(火) 桜が丘中学校区  桜が丘中学校体育館2階多目的ホール

問1 ご自身について教えてください。お住いの学区 【1つのみ選択】(必須)

問2 性別(必須)

問3 年齢(必須)

問4 職業(必須)

問5 役職(必須)

問6 市の全ての公共建築物を今後も維持・管理するためには巨額の財政負担が必要になります。これから少子高齢化が進むことにより、人口と税収(財源)が減少する中で、次世代への財政負担を少しでも軽減するためには、どのように公共建築物を維持・管理していくべきだと考えますか?あなたの意見に近い項目を選択してください。(複数回答可)(必須)






その他を選択した場合は、下記の記入欄に入力してください。

問7 公共建築物のあるべき姿として、あなたが優先する項目は何ですか?【複数回答可】(必須)







その他を選択した場合は、下記の記入欄に入力してください。

問8 公共建築物の再配置を検討する際は、用途別に分類し、その方向性を示すことになります。今後、学校施設を中心に施設の集約化を図ることとなりますが、中学校区ごとに設置が必要な施設の用途は何だと考えますか?あなたの意見に近い項目を選択してください。【複数回答可】(必須)














その他を選択した場合は、下記の記入欄に入力してください。

問9 掛川市の今後の公共施設再配置に関するご意見・ご要望などをご自由に入力してください。

 
【ページに関連するリンクサイト】
   行財政改革審議会

  公共施設マネジメント

【問い合わせ先】
  担 当:企画政策課 行革・公共施設マネジメント推進室
       山﨑徹、住本啓、石川直輝
  電 話:0537-21-1127(直通)
  FAX:0537-21-1167
  E-mail:kikaku@city.kakegawa.shizuoka.jp
Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.