掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の寸感ホットページから第649回 「本年10月、かけがわ茶エンナーレが開催されます!」
 

第649回 「本年10月、かけがわ茶エンナーレが開催されます!」

更新日: 2017年2月17日
印刷する

掛川市文化振興課長 富田 昌樹


 いよいよ、本年10月21日から約1ヶ月間、“お茶が生まれるまちで、多彩なアートに出会う”「かけがわ茶エンナーレ」が開催されます。
 そこで、今回は「掛川市が推進する文化芸術の振興」、「今、何故アートフェスティバル・芸術祭か」、「全国各地で開催されているアートフェスティバル・芸術祭」、「茶エンナーレが目指すもの」等について、まとめてみました。

1 掛川市が推進する文化芸術の振興

 少子高齢化・人口減少問題を克服し、「希望が見えるまち・誰もが住みたくなるまち掛川」を実現するために、掛川市では、「文化芸術に親しみ、郷土を誇りに思う市民を増やすことで、文化芸術を通じたまちの魅力向上を図り、新たな交流や移住・定住の促進に繋げる」ための各種施策・事業に取り組んでいます。
 「かけがわ茶エンナーレ」や「シティミュージアム掛川構想の推進」、「子どもの文化芸術活動支援」、「文化芸術活動サポートセンターの創設」などの施策・事業に取り組むことで、「掛川への新しい人の動きをつくる」ことを目指しています。

子どもたちの感性を育む

ステンドグラス美術館
ステンドグラス美術館
二の丸美術館
二の丸美術館(学校との連携事業)
伝統工芸体験教室(横須賀小学校)
伝統工芸体験教室(横須賀小学校)
(人間国宝 室瀬和美先生)
伝統工芸体験教室(西郷小学校)
伝統工芸体験教室(西郷小学校)
(人間国宝 大角幸枝先生)

文化芸術による国際交流

姉妹都市イタリア・ペーザロ市との音楽文化の交流
姉妹都市イタリア・ペーザロ市との音楽文化の交流
ペーザロ市の皆様を三社囃子で歓迎


ペーザロ市の皆様を三社囃子で歓迎

企業・民間施設等との連携

ニトリ小樽芸術村ステンドグラス美術館との連携協力
ニトリ小樽芸術村ステンドグラス美術館との連携協力
(地方自治体との初の連携協力に関する協定締結!)
資生堂アートハウス収蔵品彫刻展
資生堂アートハウス収蔵品彫刻展
(市役所3階 生涯学習テラス)

掛川市出身の若手演奏家も大活躍

長尾春花さん(ヴァイオリン)
長尾春花さん(ヴァイオリン)
今田篤さん(中央)(ピアノ)
今田篤さん(中央)(ピアノ)
日比恵三さん(ヴァイオリン)
日比恵三さん(ヴァイオリン)
佐藤元洋さん(ピアノ)
佐藤元洋さん(ピアノ)




2 今、何故、アートフェスティバル・芸術祭か

 今、全国各地で様々なアートフェスティバル・芸術祭が開催され、大いに盛り上がりをみせています。芸術祭を始めた頃にくらべて、回を重ねるごとに、来場者や市民参加者が数倍に増加することも珍しくはありません。
 アートフェスティバル・芸術祭には、内外から様々なアーティストが参加し、その「土地」、「自然」、「まち」、「生活」、「文化」などにインスピレーションされた様々な作品を“アーティストの視点”で創造することにより、“その土地の魅力”が内外に発信され、アートをきっかけに、世界中の人々が各地を訪れることになる、そんな現象が、全国各地でみられます。
 そして、何より、その土地に住んでいる人々が、あらためて自分の住んでいる「まち」の魅力に気づき、好きになり、誇りに思う・・・、アートフェスティバル・芸術祭には、そんな力が潜んでいます。
 さらに、最初はアーティストを中心に始まったアートフェスティバル・芸術祭が、いつしか住民たちの理解と協力を得て、気がつけば、住民たちも参加し、主人公となり、アートフェスティバル・芸術祭を一人一人が支えている、そんな取組が、全国で進んでいます。
 “地域の魅力”、“日本の魅力”がアートの力で再発見され、“新たな魅力”も創造される、“そんな力”があるからこそ、全国で様々なアートフェスティバル・芸術祭が開催されているのではないでしょうか。

「虹のキャラヴァンサライ あいちトリエンナーレ2016」から

イメージイメージイメージ
「GAW展(Golden-gai Art Waves) Part in 日坂宿」から




3 全国各地で開催されている主なアートフェスティバル・芸術祭等(抜粋)



(2016年)
事業名 期間 ホームページ
瀬戸内国際芸術祭2016春 3/20~4/17http://www.setouchi-artfest.jp/
街歩き旅ノ介道後温泉の巻 山口晃道後アート2016 4/29~
2017.8/31
http://dogo-art.com/
瀬戸内国際芸術祭2016 夏 7/18~9/4http://www.setouchi-artfest.jp/
「大地の芸術祭」の里 越後妻有2016夏 8/6~8/21http://www.echigo-tsumari.jp/
あいちトリエンナーレ2016 8/11~10/23https://aichitriennale.jp/
みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016 9/3~9/25https://biennale.tuad.ac.jp/
古都祝奈良-時空を超えたアートの祭典 9/3~10/23http://culturecity-nara.com/kotohogunara/
六甲ミーツ・アート芸術散歩2016 9/14~11/23https://www.rokkosan.com/art2016/
BIWAKOビエンナーレ2016 9/17~11/6http://biwakobiennale.jp/
瀬戸内国際芸術祭2016 秋 10/8~11/6http://www.setouchi-artfest.jp/
岡山芸術交流2016 10/9~11/27http://www.okayamaartsummit.jp/
六本木アートナイト2016 10/21~10/23http://www.roppongiartnight.com/2016/
京都国際舞台芸術祭2016AUTUMN 10/22~11/13http://kyoto-ex.jp/
KENPOKU ART2016 茨城県北芸術祭 9/17~11/20https://kenpoku-art.jp/
さいたまトリエンナーレ2016 9/24~12/11https://saitamatriennale.jp/
福島ビエンナーレ2016重陽の芸術祭 10/8~11/6http://www.fukushima-art.com/

(2017年)
事業名 期間 ホームページ
「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017冬 1/14~3/12http://www.echigo-tsumari.jp/
いちはらアート×ミックス2017 4/8~5/14http://ichihara-artmix.jp/
北アルプス国際芸術祭2017 6/4~7/30http://shinano-omachi.jp/
Reborn-ArtFestival 2017 東北/牡鹿 7/22~9/10http://www.reborn-art-fes.jp/
ヨコハマトリエンナーレ2017 8/4~11/5http://www.yokohamatriennale.jp/2017/
札幌国際芸術祭2017 8/6~10/1http://siaf.jp/
奥能登国際芸術祭2017 9/3~10/22http://oku-noto.jp/
中之条ビエンナーレ2017 9/9~10/9http://nakanojo-biennale.com/
かけがわ茶エンナーレ NEW!!! 10/21~11/19 http://www.chaennale.jp/



4 かけがわ茶エンナーレが目指すもの

 「かけがわ茶エンナーレ」は、掛川市という日本有数の茶産地を舞台に、総合プロデューサー山口裕美さんが選ぶアーティストが、掛川市が誇る歴史的建造物や美術館で、様々な作品を展示されます。(アートプログラム)
 また、“掛川が好きな人”であれば、どなたでも参加できるプログラムは、市民・アーティストたちが美しい茶畑や茶工場などを活かし、様々な作品の展示やパフォーマンスなどのアート活動を展開していく、地域芸術祭になります。(エントリープログラム)
 こうした、掛川の魅力ある地域資源や自然の中にある作品や会場を巡りながら、アーティストたちの多様な芸術作品や活動に触れることで、普段、私たちが見慣れた景色は、いつもとは違って見えてくるかもしれません。また、見慣れぬ風景に、新たな魅力を感じ、あらためて掛川の魅力を再発見することができるかもしれません。
 この掛川の地で、初めて開催される総合芸術祭「かけがわ茶エンナーレ」が、未来に向けて、しっかりと第一歩を踏み出すために、「創る側と参加する側」の両者の視点で多くの市民の参加を促し、あらゆる年代の皆さまが楽しめるよう、未来志向の地域芸術祭として展開していきます。

茶エンナーレ・プレイベント(2016


茶エンナーレセッション。Vol 1

茶エンナーレセッション。Vol 2


掛川の魅力・再発見にむけて

イメージ



イメージ
イメージ

Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.