掛川市公式ホームページ
文字サイズ
縮小標準拡大
Loading
ホーム
市民の皆様
事業者の皆様
市政情報
観光情報
現在の位置
現在位置:HOMEの中の寸感ホットページから第696回 4年に一度じゃない。 一生に一度だ。 ― ONCE IN A LIFETIME ―
 

第696回 4年に一度じゃない。 一生に一度だ。 ― ONCE IN A LIFETIME ―

更新日: 2017年11月14日
印刷する

掛川市スポーツ振興課長 山梨 実

 2019年、日本で初めてのラグビーワールドカップが開催されます。今回のラグビーワールドカップ日本大会は、ラグビー伝統国以外での初めての開催となることから、まさに「新たな歴史をつくる大会」と言われています。
 今回の寄稿のタイトルは、ラグビーワールドカップ2019TM 日本大会公式キャッチコピーです。何事も初めての事には、常にチャレンジが伴います。一方で、新しいことには一度しか味わう事のできない感動も伴います。「初めて」という経験は二度とやってこない「一生に一度」の経験です。ぜひ、スタジアムで、その熱狂と興奮を感じていただきたい、という思いから、この大会公式キャッチコピーは作られています。
優勝国に贈られる『ウェブ・エリス・カップ』
優勝国に贈られる『ウェブ・エリス・カップ』


 ラグビーワールドカップ( 以下「RWC」) 日本大会は、2019年9月20日東京スタジアムでの開幕戦から、11月2日横浜国際総合競技場での決勝戦までの44日間にわたり開催されます。RWCは、15人制ラグビーの世界一を決定する国別対抗戦で、夏季オリンピック、FIFAワールドカップ(サッカー)とともに、世界3大スポーツイベントのひとつにあげられています。
 出場チーム数は20カ国(地域)、会場は小笠山運動公園エコパスタジアムのほか、全国12会場で開催されます。
 1987年に第1回大会がニュージーランド・オーストラリア共催で行われて以来、4年に一度開催され、2019年RWC日本大会が第9回大会となります。日本大会も含めた9回の大会に連続出場している国(地域)が10チームありますが、日本代表も第1回から連続出場を果たしています。

ラグビーワールドカップ2019TM 日本大会の開催地

開 催 都 市 試 合 開 催 会 場
札幌市 札幌ドーム
岩手県・釜石市 釜石鵜住復興スタジアム(仮称)
埼玉県・熊谷市 熊谷ラグビー場
東京都 東京スタジアム
神奈川県・横浜市 横浜国際総合競技場
静岡県 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
愛知県・豊田市 豊田スタジアム
大阪府・東大阪市 花園ラグビー場
神戸市 御崎公園球技場
福岡市 東平尾公園博多の森球技場
熊本県・熊本市 熊本県民総合運動公園陸上競技場
大分県 大分スポーツ公園総合競技場


 RWCの試合形式は、予選プールと決勝トーナメントに分かれます。
 予選プールでは、20チームを4つのプールに分け、各プール内の5チーム総当たり戦を行い、各プール上位2チーム、計8チームが決勝トーナメントに進みます。
 決勝トーナメントは、準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝の8試合が行われます。
 日本代表は、プールAに振り分けられ、アイルランド、スコットランド、ヨーロッパ地区1位(出場国未定)、ヨーロッパ地区・オセアニア地区のプレーオフ勝者(出場国未定)と同じ組となりました。
 アイルランドは、現在世界ランキング4位の強豪国で、日本代表の対戦成績は0勝7敗と勝利がありません。6月にエコパスタジアムで行われたテストマッチでは22-50と大敗を喫しており、一週間後の横浜国際総合競技場でのテストマッチでも13-35と連敗を喫しています。
イメージ
6月18日 日本代表 VS アイルランド代表 エコパスタジアムにて

 スコットランドは、日本代表にとって非常に因縁深い対戦国です。前回2015年イングランド大会において、日本代表は「ラグビージャイアント」と称される南アフリカに奇跡的な勝利をあげ、日本中のみならず世界中を熱狂させましたが、スコットランドとの対戦に敗れ、日本代表初の決勝トーナメント進出を逃しました。RWC史上、予選プールで3勝をあげて決勝トーナメントに進出できなかったチームは唯一日本だけとなっています。
 ヨーロッパ地区では、予選前半戦を折り返したところで、現在ルーマニアがリードしていますが、スペイン、ロシア、ドイツと混戦模様で、今後の展開次第となっています。日本代表は、今年6月のルーマニア代表とのテストマッチの際には、33-21と勝利しています。
 日本代表には、スコットランドに2015年大会のリベンジを果たし、代表史上初の決勝トーナメント進出を決めるとともに、前回大会でみせた勇気と、熱狂と、奇跡を見せてくれることを期待しています。

ラグビーワールドカップ2019TM 日本大会のプール組分け

プールA プールB プールC プールD
アイルランド
(ベスト8)
ニュージーランド
(優勝)
イングランド
(プール戦)
オーストラリア
(準優勝)
スコットランド
(ベスト8)
南アフリカ
(3位)
フランス
(ベスト8)
ウェールズ
(ベスト8)
日本
(プール戦)
イタリア
(プール戦)
アルゼンチン
(4位)
ジョージア
(プール戦)
ヨーロッパ地区1位
未 定
アフリカ地区1位
未 定
アメリカ地区1位
米 国
オセアニア地区1位
フィジー
ヨーロッパ・オセアニア
プレーオフ
敗者復活予選
優勝チーム
オセアニア地区2位
トンガ
アメリカ地区2位
未 定
※( )内は、前回2015年大会の成績


 全世界が注目するRWC日本大会決勝戦のちょうど2年前となった11月2日、全48試合の対戦カードごとの試合会場と日程が発表され、エコパスタジアムでは予選プール4試合が行われることとなりました。どのカードをとっても、非常に見応えのあるカードがエコパスタジアムにやってきます。
 エコパスタジアムでの開幕戦は、日本対アイルランドとなりました。日本代表にとっては、奇しくも6月のテストマッチと同じ相手、同じ会場でのリベンジマッチとなりました。残る3試合にも、世界ランキング3位のオーストラリア、同5位の南アフリカ、同6位のスコットランドと優勝候補がずらりと並んでいます。国の威信をかけた本気の戦い、世界最高峰の熱戦がエコパスタジアムで繰り広げられます。

県庁でのパブリックビューイングの様子


ラグビーワールドカップ2019TM 日本大会エコパスタジアムでの試合日程

9月28日(土) 16:15 KickoffPool A日本 VS アイルランド
10月4日(金) 18:45 KickoffPool B南アフリカ VS イタリア
10月9日(水) 16:15 KickoffPool Aスコットランド VS ヨーロッパ1位
10月11日(金) 19:15 KickofPool Dオーストラリア VS ジョージア

 冒頭にも書きましたが、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会は、日本で、アジアで、初めてのラグビーワールドカップの開催となります。4年に一度じゃありません。一生に一度の経験です。その熱狂と興奮をスタジアムで感じ、特に子どもたちにとって「一生心に刻まれる」ような大会になることを夢見て、2年後の大会を心待ちにしています。
 皆さん、2019年、スタジアムでお会いしましょう。

 関連リンク 公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
       http://www.rugby-japan.jp/
       ラグビーワールドカップサポーターズクラブ
       RUGBY WORLDCUP.COM

Copyright(c) KAKEGAWA CITY OFFIE AllRights Reserved.