総合トップ子育て・教育保育園・幼稚園・認定こども園幼稚園・保育所等における新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について
総合トップ目的別ガイド子育て施設幼稚園・保育所等における新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について

幼稚園・保育所等における新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について

2021年9月17日更新

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う家庭での保育について(終了のお知らせ)

 静岡県に対する緊急事態宣言発令後、掛川市内の感染者数が大幅に増加したこと、市内保育施設における園児やご家族の感染が複数確認されたことを受け、令和3年8月30日(月)以降、家庭での保育が可能なご家庭に対し、家庭での保育をお願いしてきました。
 このたび、園児の感染者数の減少などを踏まえ、9月20日(月)をもって、市内一斉の「家庭保育のお願い」を終了させていただきます。
 9月21日(火)以降の対応につきましては、下記のとおりとさせていただきますが、現在も緊急事態宣言下でありますので、引き続き、感染症対策の徹底にご協力いただきますようお願いいたします。

●9月21日(火)以降の対応

 ・公立幼稚園は、9月24日(金)まで午前保育とし、9月27日(月)から通常保育とします。

 ・公立認定こども園及び私立園は、各園・施設ごとの対応とさせていただきますので、各園・施

  設の対応に沿ってください。

 (給食等の対応については、園・施設により対応が異なることがあります。ご了承ください。)

●登園を自粛した場合の保育料

 ・登園することに不安を感じる方は、引き続き、登園をお控えください。

 ・緊急事態宣言中については、登園しなかった日の保育料は、日割り計算し、減額を行います。

●登園の際、ご留意いただきたいこと

 ・お子さんに発熱や倦怠感、のどの違和感などのかぜ症状があり、普段と体調が異なる場合は、

  登園を控えていただき、ご家庭で静養してください。

 ・お子さんだけでなく、同居家族の方に発熱など、体調不良がある場合も、登園を控えていただ

  き、ご家庭で静養してください。

 ・お子さんや同居家族の方が、陽性者や濃厚接触者に特定された場合やPCR検査を受けること

  になった場合は、速やかに園に連絡するようお願いいたします。

 

 

幼稚園、保育園、認定こども園等の休園や登園自粛の対応について

園児や園職員が感染または濃厚接触者となった場合は、園児や園職員の活動の状況や、地域における感染拡大の状況及び感染経路等を踏まえ、園の全部または一部の臨時休業等の感染拡大防止対策を実施します。

  • 園が休園、登園自粛等の対応を行う場合、休園等の期間、消毒の実施、人権への配慮等について保護者宛にメール等により連絡いたします。また、濃厚接触者に特定された場合、個別に連絡がされます。
  • 私立園については、市と同様の対応を依頼します。

※マスクの着用について(厚生労働省 保育所等に関するQ&Aより)

子どもについては、子ども一人ひとりの発達の状況を踏まえる必要があることから、一律にマスクを着用することは求めていません。特に2歳未満では、息苦しさや体調不良を訴えることや、自分でマスクを外すことが困難であることから、窒息や熱中症のリスクが高まるため、着用は推奨されません。2歳以上の場合であっても、登園している子どもが保護者の希望などからマスクを着用している場合は、マスク着用によって息苦しさを感じていないかどうかについて十分に注意していただき、持続的なマスクの着用が難しい場合は、無理して着用はさせず、外すようにしてください。(なお、WHOは5歳以下の子どもへのマスクの着用は必ずしも必要ないとしています。)

保護者の皆様

静岡県から、警戒レベル及び行動制限が示されています。静岡県ホームページをご確認いただくとともに、次の対応について、ご理解とご協力をお願いします。なお、感染又は濃厚接触者となった方の個人情報等に配慮の上、冷静な対応をお願いいたします。

感染防止対策等のお願い

  • 市中に見えない感染者がいる可能性がありますので、常に感染防止対策をお願いします。
  • 毎日の検温など園児の健康状態の把握をお願いします。
  • 発熱や倦怠感など体調不良がある方は、「静岡県発熱等受診相談センター(050-5371-0561または050-5371-0562)」にて電話相談を受け付けています。
  • 万一園児や同居家族が「PCR検査を受ける」「濃厚接触者に特定された」「検査結果が判明した」場合は、速やかに園へ連絡をお願いします。

求職活動期間(特例)について

通常、求職活動期間は3か月となっており、3か月以内には雇用証明書の提出をお願いしています。 しかし、今般の新型コロナウイルスの影響による求人の減少が全国的に深刻な問題となっていることから、3か月以内に雇用証明書の提出が難しい場合、こども希望課までご連絡をお願いします。

保育料の減免について

新型コロナウイルス感染予防の観点から、保育料については、子ども子育て支援法施行令第24条第2項に基づき、新型コロナウイルス感染症対策として、市の要請に基づき登園を自粛した場合または臨時休園となった場合に保育料の減額(日割り計算)を行っています。

対象者

市からの要請に基づき登園自粛等を行った認可保育園等に通う
0歳児から2歳児(3号認定子ども)の保護者

実施方法

通常通り保育料を徴収した上で、実績に基づき減額を行い、後日還付を行います。
還付時期が決まりましたら、園を通じてお知らせします。

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる