総合トップ記事消火器の型式失効について

消火器の型式失効について

2021年12月22日更新

 消火器には型式失効というものがあることはご存知ですか?

 消防法令に基づき消火器の設置が義務付けられている建物等で、旧規格消火器を継続設置できるのは2021年12月31日までです。2022年1月1日以降は、型式が失効した消火器の設置は認められませんので、計画的な交換・リサイクルをお願いいたします。

※一般家庭では義務ではありませんが、古い消火器や錆びた消火器は、破裂などの危険がありますので交換をお勧めします。

※なお、消防署では消火器の回収は行っていませんのでご了承下さい。katashiki_shikkou_201906_1.jpgkatashiki_shikkou_201906_2.jpgkatashiki_shikkou_201906 (PDF 840KB)

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる