総合トップ市政情報市長の部屋掛川市役所内でのコロナ感染を受けての市長メッセージ(2022年1月19日)
総合トップ健康・福祉健康感染症掛川市役所内でのコロナ感染を受けての市長メッセージ(2022年1月19日)
総合トップ新着情報お知らせ掛川市役所内でのコロナ感染を受けての市長メッセージ(2022年1月19日)

掛川市役所内でのコロナ感染を受けての市長メッセージ(2022年1月19日)

2022年1月19日更新

 本日(1月19日)、消防本部中央消防署に勤務する職員1名が、新たに新型コロナウイルス感染していることが確認されました。なお、現時点ではオミクロン株であるという情報はありません。

 感染が確認された当該職員については、先に公表しました消防職員2名と同じく、1月11日(火)から研修のため静岡県消防学校(静岡市清水区)の救急科に入校中でした。

なお、1月17日(月)の午後5時に行われた消防学校の記者会見で、救急科の学生から陽性者20名のクラスターが発生したと公表されています。

中央消防署に勤務する職員に濃厚接触者はおりませんが、念のため職員に抗原検査を行い、全員の「陰性」が確認されているため、業務を通常通り実施させていただきます。

 掛川市といたしましては、より一層の感染防止対策を徹底してまいります。

 

令和4年1月19日   掛川市長  久保田 崇

本件に関する担当課

担当課:消防総務課

電 話:0537-21-6101

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる