総合トップくらし・手続き環境地球温暖化対策かけがわスマートコミュニティプロジェクト
総合トップ新着情報お知らせかけがわスマートコミュニティプロジェクト
総合トップ目的別ガイド引越し・住まいかけがわスマートコミュニティプロジェクト

かけがわスマートコミュニティプロジェクト

2017年11月22日更新

掛川市は、地球温暖化対策実行計画(区域施策編)の中で、地域の資源を温暖化対策に活かすため、「かけがわスマートコミュニティプロジェクト」を重点施策として位置づけています。
本プロジェクトでは、環境の視点から街づくりを考え、未利用エネルギー利用、モーダルシフトとコンパクトシティ、スマート公会堂などで構成されるスマートシティを作り上げていくことを推進しています。

かけがわスマートコミュニティプロジェクトちらし

スマート公会堂とは?

スマート公会堂とは、地域の公会堂、集会場等に自然エネルギー発電設備等を設置することで、エコと快適性を備え、災害時には自立型防災拠点となり得る機能を持つ施設です。
また、モーダルシフトやコンパクトシティの中核施設としても期待されます。

スマート公会堂に期待できる効果

環境負荷の低減 

発電時の温室効果ガスを排出しない自然エネルギー発電施設の電気を利用することで、公会堂等の施設利用時の環境負荷の低減が期待されます。

災害時の拠点として

災害時(地震・台風)などでエネルギーの供給がストップした場合でも、身近な公会堂等に自然エネルギー発電設備が設置されていることで、自立型防災拠点となり得る機能を持つことができます。

公会堂等の管理費用等の削減

現在、購入している電気料の一部を自然エネルギーによる発電でまかなうことができます。また、固定価格買取制度を活用することで、さらなる効果が期待できます。 

地域活性化の拠点として

自然エネルギー発電設備を活用した環境学習の拠点としてやモーダルシフト、コンパクトシティの中核施設として、さらなる活用が期待されます。

市内のスマート公会堂

掛川市では、公会堂等に自然エネルギー発電設備等を設置する事業を行った自治区に対して助成を行っています。
詳しくは、下記ページをご覧ください。

これまでの助成実績

助成実績一覧
自治区設置場所設置設備規模設置年度
下板沢区下板沢公会堂太陽光発電設備10.2キロワット平成25年度
上土方区上土方コミュニティセンター太陽光発電設備22.6キロワット平成25年度
沖之須区コミュニティセンター いこい太陽光発電設備15.6キロワット平成25年度
南郷地区南郷地域学習センター太陽光発電設備30.0キロワット平成25年度
満水区一色集会所太陽光発電設備16.5キロワット平成26年度
雨垂区雨垂区公民館太陽光発電設備11.0キロワット平成27年度
三井区寺部小区公会堂太陽光発電設備5.4キロワット平成29年度
三井区寺部小区公会堂蓄電池設備5.6キロワット平成29年度

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる