家庭教育支援員

2020年4月1日更新

家庭教育支援員とは、静岡県家庭教育支援員養成研修会で、家庭教育支援の知識とスキルを学んだ地域の方です。元教員、社会教育委員、PTAの先輩ママ・パパなど様々な方が掛川市の家庭教育支援員として活躍しています。

かけがわ家庭教育市民総ぐるみで子育てを「か」ていきょういくで「け」んこうで、やさしく、かしこい子に「が」んばるのはママだけじゃなく「わ」たしの、ぼくのまわりのみんなというスローガンと街の人のイラスト

家庭教育支援員の活動

懇談会でのグループワーク

  • 小中学校の懇談会に参加し、子育てや家庭教育についてのテーマに沿って、4人から5人のグループで意見交換をします。
  • 家庭教育支援員がファシリテーターとして、保護者同士を温かくつなぎながら、話し合いを進めていきます。
  • 話し合いの中で、自分の子育てや家庭教育を振り返ったり、グループの仲間から新たな情報得ることができ、保護者にも学校にも好評です。

講話

  • 親子で話そう!我が家のケータイスマホルール
  • 子育てで大切にしたいこと
  • 小学校入学前に身につけたいこと

等 学校や保護者のニーズに合った講話を実施します。

主な派遣先

  • 小学校・中学校の懇談会
  • 入学説明会

派遣の依頼があれば、教育政策課社会教育係(電話:0537-21-1157)までお問い合わせください。

関連リンク

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる