区長会連合会について

掛川市では、ほとんどの世帯が自治会(掛川市では「区」とよんでいます)に加入し、明るく住みよい地域社会の実現をめざして活動をしています。
区は、住民の連帯意識の向上を図り、地域におけるさまざまな問題解決に取り組むとともに、積極的なまちづくりを推進している自主的な団体です。
掛川市では、下のような組織で構成され、それぞれの分担があります。

 1.区長会連合会→2.地区区長会→3.区(自治区)

区長会連合会

市内202区の連合体です。連合会の役員は、地区区長会長33名によって組織され、区長会の運営方針の協議決定、行政との連絡調整など住民生活に密着した多くの活動を行っています。

地区区長会

202区を33地区(小学校区や概ね昭和の大合併前の旧村単位)にまとめた組織が地区区長会です。この33地区区長会からそれぞれ1人ずつの地区区長会長が選出されています。

区(自治区)

掛川市の区は、集落や団地等を基盤として組織されており、その区域を適当な組または班に分けて自主的な活動が行われています。市内にはこのような区が202(令和2年4月現在)あり、それぞれに区長が選出されています。

地区・自治区・小区 一覧

カテゴリー

新着情報

お知らせ

イベント

募集情報

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる