総合トップくらし・手続き環境新エネルギー庁舎太陽光発電モニター表示式が行われました。
総合トップ新着情報お知らせ庁舎太陽光発電モニター表示式が行われました。

庁舎太陽光発電モニター表示式が行われました。

2018年11月1日更新

平成26年4月17日(木曜日)、「庁舎太陽光発電モニター表示式」を行いました。
1階市民課前に設置したモニターは、市庁舎へ設置した太陽光発電施設の発電量や市内の環境に関する情報が流れます。本庁にお越しの際は、ぜひご覧ください。

事業概要

本庁舎へ太陽光発電設備及び蓄電設備を設置し、災害時に必要最小限の非常用電源を確保するもので、災害に強く、通常時も太陽光発電を利用することで低炭素な地域づくりを図るものです。(環境省「再生可能エネルギー等導入推進基金事業」による全額補助制度により設置)

市庁舎太陽光発電施設・蓄電設備

太陽光発電システム

容量

32.5キロワット

メーカー

三菱

備考

発電量は3,520キロワットアワー/月(住宅7.5軒分)

蓄電設備

容量

33.6キロワットアワー

メーカー

D-パワー

備考

リチウム電池、太陽光発電連携型

モニタ ー

容量

40インチ

メーカー

三菱

今回設置した設備は、年間約42,900キロワットアワーの電力が発電され、約22.14トンのCO2の削減効果が期待できます。
また、災害時停電した場合、昼間は発電による充電を行いながら、ノートパソコン500台が連続的に9時間使用でき、夜間は、蓄電設備により、ノートパソコン100台が連続15時間使用可能で、照明で言えば、庁舎内のLED照明を半分点灯して、連続3時間使用可能です。

ダウンロード

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる