令和4年度 保育園の入園・転園・退園手続き

2022年11月14日更新

令和4年11月1日現在、保育所等の入所保留状況について

令和4年11月
保育所等入所申込者数 3,087人
保育所等入所者数 2,853人
保育所等に入所できなかった方 234人(前年比32人増)

保育所等に入所できなかった方で、認可外保育園へ入園される方や、幼稚園の預かり保育を利用される方などを除く、「国定義の待機児童」は 12人です。(令和3年度:18人)
詳細は待機児童内訳(令和4年11月1日現在) にて公表します。

また、令和4年11月の入所状況及び待機状況等の詳細を、以下の通り公表します。

11月1日の状況:

令和4年度保育園・認定こども園(保育利用)の入園申込について

対象児

0歳児から小学校入学前のお子さん(原則としてお子さん、保護者がともに掛川市内に住所を有すること)

入園手続き

入園の申し込みは、こども希望課園運営支援係(市役所庁舎1階南側)、南部大東ふくしあ、南部大須賀ふくしあにて受け付けます。
4月からの入園児募集案内は、例年9月1日号の広報に掲載しております。年度途中の入園についても、随時受け付けております。

尚、入園の申し込みは電子申請でも受け付けております。詳しくはこちらのページ及びこちらの手順書をご覧ください。

保育所等入所の電子申請手順書 (PDF 2.02MB)

入園のための条件

保護者が次のアからカのいずれかの事情により、家庭内で保育ができないことが保育園へ入園する条件となります。

ア.家庭外労働・家庭内労働
月64時間以上の労働実態があること。
またはその求職中であること。
イ.妊娠中または出産後間もないこと(原則として出産前後の3カ月間)
ウ.疾病、負傷または精神・身体障がい
エ.病人または精神・身体障がい者の看護・介護
オ.家庭の災害(震災、火災、風水害など)
カ.就学

上記アからカの内容を個別に審査し入園を決定します。
また、保育園が定員を満たしているときなどで入園できない場合があります。

年度途中の入園について

途中入園については、基本的に「月の初日の入園」となりますので、入園希望月の「最低2カ月前の15日まで」に申し込みをしてください。入園までに、原則として1カ月半以上の準備期間が必要となります。
詳細については下記のとおりです。 

入園月 申込期限 入園月 申込期限
4月 令和3年10月29日(金曜日) 10月 令和4年8月15日(月曜日)
5月 令和4年3月15日(火曜日) 11月 令和4年9月15日(木曜日)
6月 令和4年4月15日(金曜日) 12月 令和4年10月14日(金曜日)
7月 令和4年5月13日(金曜日) 1月 令和4年11月15日(火曜日)
8月 令和4年6月15日(水曜日) 2月 令和4年12月15日(木曜日)
9月 令和4年7月15日(金曜日) 3月 令和5年1月13日(金曜日)

注 期限内であれば、書類の提出時期が入園調整に影響することはありません。

まずは、こども希望課園運営支援係または大東支所・大須賀支所(ふくしあ)までお問い合わせください。申込書類をお渡ししますので、申し込みの条件などをご確認のうえ、申込書を記入し、提出してください。審査後、空きが無いなどの理由で入園できない場合は、入所保留通知がお手元に届きます。保育園に空きがない場合は待機児童として登録され、空きができ次第入園の選考を行います。

家庭状況に変更があった場合、変更届が必要になります。

次の場合は、必ず保育園に変更届を提出してください。

  • 家族構成に変更があったとき
  • 住所、電話番号に変更があったとき

必要書類は各保育園にありますのでお問い合わせください。

就労状況等に変更があった場合、再度、就労証明書が必要になります。

次の場合は、必ず保育園に変更届を提出してください。

  • 保護者の就労状況等に変更があったとき
  • 下の子を出産後、育児休業を取得されるとき(育児休業終了日が証明された就労証明書を提出してください)

転園を希望する場合

転園希望する場合は、新年度の保育園入園申し込みにて、入園申込書(認定申請書)をこども希望課・各支所へ提出してください。
原則、年度途中での市内保育園の転園申し込みは受け付けておりません。
転園申込用紙(入園申込書)は、各保育園・こども希望課・各支所でお渡しできます。

注 )転園が内定した時点で現在通園されている保育園には別の児童が内定していますので、どのような理由があっても辞退できません。希望保育園は十分検討のうえ提出してください。
注 )転勤などの都合により、市外の保育園への転園を希望する場合は、年度途中であっても申し込みを受け付けます。詳しくはこども希望課までお問い合わせください。

市外の保育園へ入園を希望する場合

掛川市にお住まいで、勤務の都合などにより、他の市区町村の保育園へ入園を希望される場合は、掛川市に申請を提出して下さい。掛川市が希望の保育園が所在する市区町村へ、入園についての審査の依頼を行います。
注) 希望園のある市区町村の申込締切日は掛川市と異なりますので、希望園のある市区町村に申込締切日をご確認の上、申請してください。

※ただし、次の市町は、転入に合わせた入園申し込みに限り、転入予定市町へ直接入園の申し込みをすることができます。詳細については、それぞれの市町にご確認ください。
【該当市町】浜松市、磐田市、袋井市、御前崎市、森町

退園になる場合

市外へ転出したときや保護者が退職したときなど、保育の実施要件がなくなった場合は、退園していただくことになります。市外へ転出される場合などは、早めにこども希望課までご連絡ください。
退園申込用紙は、各保育園でお渡しします。
記入後は、各保育園長に提出してください。

支給認定について

保育園等を利用するには、教育・保育給付認定を受ける必要があります。入園申込書が認定申請を兼ねたものになっておりますので、入園申込と同時に手続きができます。
申請により認定が決定すると、支給認定証を交付します。入園に関して必要な書類ですので、大切に保管してください。(支給認定証の交付は入園の決定ではありません)
支給認定証は、原則として、申請日より30日以内に交付しますが、申し込みの集中等により交付が遅れることがあります。
※求職活動で申請された方の認定期間は3ヵ月です。就労された場合は認定期間内に就労証明書の提出をお願いします。提出がない場合は退園もしくは待機者として除外される場合があります。

保育園等を利用するために受けていただく認定

認定区分

年齢

利用できる施設

保育時間

2号認定 満3歳児以上 保育園・認定こども園(保育利用)

保育標準時間(最長11時間/日)

保育短時間 (最長8時間/日)

※保護者の就労状況等によって

 決定されます。求職活動は短時間。

3号認定 満3歳児未満

保育園・認定こども園(保育利用)

小規模保育事業所等

物価高騰対策について

掛川市では、物価高騰に直面している保護者や児童福祉施設等を支援するため、次の事業を行っております。
①掛川市保育所等給食負担軽減事業費補助金
 コロナ禍における物価高等下においても、保護者の負担を増やすことなく、これまでどおりの
 質や量を保った給食等を実施するため、給食材料の物価高騰分(定率)を、保育所等(保育園、
 認定こども園、小規模保育事業所、認可外保育施設)に補助します。
②掛川市保育所等物価高騰対策支援給付金
 コロナ禍における物価高騰に直面する保育所等に対し、幼児教育や保育の質の低下を防止し、
 安定的な運営を支援するため、利用定員に応じた支援金を給付します。

ダウンロード

 注)入園申込書(認定申請書兼保育所等申込書)、就労証明書、確認書(自営業・農業・

 その他用)、求職活動状況申告書をダウンロードできます。

関連リンク

Adobe Reader

このページと
関連性の高いページ

    新着情報

    2022年12月6日

    ひきこもり支援

    2022年12月6日

    掛川市学校給食通信

    お知らせ

    2022年12月6日

    ひきこもり支援

    2022年12月6日

    掛川市学校給食通信

    イベント

    募集情報

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる