総合トップ産業・仕事農業・林業農地関係農地の適正な管理について

農地の適正な管理について

2018年7月5日更新

農業従事者の高齢化や後継者不足などにより、遊休農地が増加傾向にあります。
適切に管理されない農地は、雑草や雑木が生い茂ることとなり、景観を損なうだけでなく、病害虫の発生や有害鳥獣の潜入、ゴミの不法投棄の場所になる恐れがあるなど、周辺の農地や近隣の住民にとって大変な迷惑となります。
適度な草刈りや除草、耕起などを通じ、適正な管理に努めてください。
なお、農業委員会では、農地法の規定に基づき、遊休農地の把握と発生防止、違反転用の防止などのため、毎年8月から10月にかけて農地の利用状況調査(農地パトロール)を実施しています。
調査の際には、農地の中に立ち入ることがありますので、ご理解とご協力をお願いします。

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる