総合トップ市政情報市長の部屋

市長の部屋

松井市長の胸から上の写真

こんにちは。掛川市長の松井三郎です。
令和の時代の今、世界は第4次産業革命とも言われ、人工知能AIやモノのインターネット化であるIoTなどの技術革新が進み、たいへん便利で快適な時代へと変化してきています。
その一方で、日本は、今まで世界が経験したことのない人口減少、超高齢化の時代に突入し、社会保障制度改革や東京一極集中による地方の衰退などの問題が顕在化してきています。
私は、戦後70年以上続き、日本を牽引してきた、国・都道府県・市町村という三層構造の中央集権体制が限界を迎えつつあり、今後、ますます社会が変化していく中で、様々な問題を解決していくためには、新たな仕組みが必要であると考えています。
掛川市では、新しい公共モデルとして、多様な主体が連携する「協働のまちづくり」を進めています。この「協働のまちづくり」を発展、進化させるとともに、多文化共生の取組を進めて、お互いの特性や文化などの多様性を認め合う、全ての人にとって優しい社会を築いていくことが、これからの令和の時代の大きなビジョンであると考えています。
今後も、様々なまちづくりの主役が活躍する「協働のまちづくり」を、市民、事業者の皆様とともに進めて、「希望が見えるまち、誰もが住みたくなるまち掛川」の実現を目指してまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

掛川市長 松井 三郎

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる