総合トップくらし・手続き環境公害対策微小粒子状物質(PM2.5)について

微小粒子状物質(PM2.5)について

2021年7月13日更新

掛川市内における微小粒子状物質(PM2.5)は、生涯学習センター地内と掛川市役所大東支所の2ヶ所において静岡県環境衛生科学研究所が常時観測しています。

県内で1日平均濃度が1立方メートル当たり70マイクログラムを超えることが予想される場合(注)には、同報無線による注意喚起を行います。
(注)「1日平均濃度が大気1立方メートル当たり70マイクログラム」とは、健康影響が出現する可能性が高くなると予測される濃度水準です。
また、1日平均濃度が1立方メートル当たり70マイクログラムを超えることが予想される場合とは、早朝の午前5時から午前7時の時間平均値が県内2カ所で1立方メートル当たり85マイクログラムを超えた場合、または午前中の午前5時から正午の時間平均値が1立方メートル当たり80マイクログラムを超えた場合です。

PM2.5関連リンク

    (注)静岡県の微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報で確認ください。

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる