総合トップ広報かけがわ広報プラスONE2020年7月31日 藤森工業からフェイスシールド150個 災害時の感染対策に

2020年7月31日 藤森工業からフェイスシールド150個 災害時の感染対策に

2020年7月31日更新

藤森工業株式会社の掛川事業所長の藤野勝之さんから、フェイスシールドを受け取っている松井市長
藤野所長(中央)からフェイスシールドを受け取る松井市長

掛川市役所で7月31日、フェイスシールドの贈呈式が行われ、電子機器向けの保護フィルムを製造する藤森工業株式会社の掛川事業所長の藤野勝之さんから150個が松井市長へ手渡されました。フェイスシールドは避難所のスタッフ用として備蓄するほか、災害時に対応する市職員やPCR検査場のスタッフが使用します。
同製品は、同社の得意とするコーティング技術を生かして、曇り止め処理をしています。また、使い捨てタイプのため、清潔で安全に使用できます。
藤野所長は「どんな形でも地域の役に立てればと思い寄付した。地域の防災に役立ててもらいたい」と話し、松井市長は「緊急の会議での内部感染を防ぐのに活用したい。また、病院などにも配りたい」と感謝を述べました。

2020年7月31日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる