総合トップ広報かけがわ広報プラスONE2020年8月28日 通算22回目の産地賞 全国茶品評会で掛川茶が実力示す

2020年8月28日 通算22回目の産地賞 全国茶品評会で掛川茶が実力示す

2020年8月28日更新

受賞の喜びに沸きマスクを付けた大勢の職員が両手を挙げて喜んでいる
受賞の喜びに沸く職員

第74回全国茶品評会が8月25日から28日に鹿児島県南九州市で開催され、深蒸し煎茶の部で掛川中央茶業株式会社が最高位の農林水産大臣賞を、掛川市が通算22回目となる産地賞を受賞しました。一報を受けた市役所では、職員らがテラスに受賞を祝う横断幕を掲出し、喜びに沸きました。
今回の品評会では上位7位に6つの市内生産者が入賞し、その実力を全国に知らしめました。松井市長は「昨年、受賞を逃した産地賞の奪還は掛川市にとっての悲願。関係各位が一丸となって受賞に取り組んできた。今回の受賞を足掛かりに、高品質な掛川茶ブランドや、さまざまな健康効能をさらに情報発信してまいります」と話しました。

2020年8月28日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる