総合トップ記事「健康二次被害防止コンソーシアム」に入会しました。

「健康二次被害防止コンソーシアム」に入会しました。

2021年11月15日更新

コロナ禍で急増する「健康二次被害」を防止するために活動する団体の紹介ページです。

「健康二次被害防止コンソーシアム」とは・・

「健康二次被害防止コンソーシアム」は、医師・学者などの有識者、市町村、民間企業の有志による組織です。すべての方が、適切な感染症対策とともに、健康にも目を向けてこの先の未来においても、幸せな日常生活(外出・旅行・健康活動・消費・人との繋がりなど)を楽しんでほしいと考え、コンソーシアムは活動しています。また、掛川市は、本コンソーシアムの趣旨に賛同し、その一員として市民の健康を守る活動を実施していきます。

コンソーシアム.jpg

<健康二次被害防止コンソーシアム事務所へのリンクしています>

健康二次被害を防ぐための基本の対策4つ!!

1.適度な運動(有酸素運動と筋トレ)をする

●運動は感染・重症化のリスクが低いことがわかっています

外出を控えると、日常の運動量が大きく減ります。運動は、免疫力を高めるのはもちろん、心身の健康を維持するのに欠かせません。激しすぎない適度な運動(有酸素運動と筋トレの両方)を習慣にしましょう。

2.正しい食事をする

外出を控えると、カロリー消費が減り、太りやすくなります。肥満は、さまざまな生活習慣病を引き起こす原因です。また、乱れた食生活は、免疫力の低下も招きます。

3.質の高い睡眠をとる

睡眠不足は、免疫力を一気に落とします。寝つきを良くし、ぐっすり眠るようにするには、日中の過ごし方がカギです。 日中に、日光にあたり、適度に運動をすると、よく眠れるようになります。寝る2時間前からは、何も食べないようにしましょう。

4.人とのかかわりを持つ

私たち人間は、人との関わりが少なくなると、気づかぬ間に、ストレスや不安が大きくなります。ストレスや不安があると、免疫力が下がり、睡眠も妨げます。 また、人との交流や会話が減ると、認知機能の低下にもつながります。感染予防対策をとったうえで、できる限り、外に出たり、人と直に会って会話することが大切です。

<関連資料>

(1)コロナ禍で急増!新型コロナの「健康二次被害」にご注意(PDF 1.05MB) 正しい感染予防と自然免疫を高めましょう
(2)外出自粛で急増!コロナフレイルにご注意を(PDF 1020KB)

体力や気力の低下による老化を防ぎましょう

(3)いきすぎたステイホームが生活習慣病をつくる (PDF 962KB) 筋肉量の減少や血糖値の上昇が生活習慣病のリスクを高めます
(4)人とのかかわりを増やして体も心も健康に (PDF 953KB) うつや認知症のリスクの高まりに注意しましょう
(5)コロナの健康二次被害を防ごう <運動実践編>(PDF 731KB)

有酸素運動と筋トレの紹介しています

 

地域健康医療センター「ふくしあ」の支援事業
~新型コロナに負けない!!元気に地域で過ごそう!~

「ふくしあ」は健康二次被害予防の取り組みを進めています!!

新型コロナウイルス感染症予防の為の外出自粛による、健康二次被害が心配されます。地域でもサロン等の地域活動を縮小しているという声が聴かれます。コロナが収束した後も、健康で元気に過ごせるように健康二次被害の予防をしましょう。市民の皆さんが健康二次被害のことを知り、予防することが大切です。「ふくしあ」では、健康二次被害予防のための活動をしています。皆様のお住いの地区でも一緒に開催しませんか?

ふくしあイメージ2.png

健康二次被害のご心配のある方は・・・

「ふくしあ」は、行政、地域包括支援センター、訪問看護ステーション、社会福祉協議会の4つの団体が、医療・保健・福祉・介護について協働して市民の健康増進を目指します!!
お近くの地域健康医療支援センター「ふくしあ」へ相談ください。

●新型コロナに負けない!元気に地域で過ごそう!(PDF 213KB)

各ふくしあHPへのリンク 電話・担当地域
黄・西部.png

電話0537-29-5977 

西郷・原泉・原田・原谷・桜木・和田岡

黄・東部.png

電話0537-61-2900

掛川第一・掛川第二・西山口・東山口・日坂・東山・粟本・城北・倉真・葛ケ丘

黄・中部.png

電話0537-28-9713

掛川第三・掛川第四・掛川第五・曽我・西南郷・南郷・上内田

黄・大須賀.png

電話0537-48-1007

大須賀第一・大須賀第二・大須賀第三・大渕

黄・大東.png

電話0537-72-1116

千浜・睦浜・大坂・土方・佐束・中

 

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる