総合トップ市政情報行財政改革「たまり~な」にあったらい~な♪を考えるワークショップを開催しました

「たまり~な」にあったらい~な♪を考えるワークショップを開催しました

2021年12月7日更新

たまり~なワークショップ開催内容まとめイメージ

掛川市では令和3年7月から11月にかけて「「たまり~な」にあったらい~な♪を考えるワークショップ」を開催しました。

ワークショップ開催の目的

子どもからお年寄りまで、年間約14万人が訪れる「22世紀の丘公園」の屋内施設「たまり~な」。
建設から15年が過ぎ、温水プールと温浴施設は老朽化による設備更新の時期を迎えています。

温水プールと温浴施設は年間約2万人の利用がある一方、設備更新には2億円超の費用が見込まれることや、維持管理費用として毎年約3千万円を必要とすることから、改修には慎重な検討が必要です。

「22世紀の丘公園」や「たまり~な」をよく利用するかた、興味やアイデアのあるかたに集まっていただき、改修の方向性を考えていただくことで「たまり~な」を市民により喜ばれるワクワク楽しい施設にしていくために、本ワークショップを開催しました。

ワークショップ概要

  • 募集 6月下旬から7月下旬 市ホームページ及び市内施設へポスター掲載による
  • 申込者 15名
  • 開催 7月29日、10月21日、11月18日(8月および9月は新型コロナウイルス感染症拡大のため開催延期)
  • 会場 22世紀の丘公園「たまり~な」内 大研修室

ワークショップ資料・まとめ

ワークショップ当日資料

開催内容まとめ

今後について

市では、ワークショップでいただいた様々な可能性を踏まえ、施設の改修内容を検討していきます。

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる