総合トップ市政情報市議会令和2年度政策討論会

令和2年度政策討論会

2021年3月31日更新

政策討論会を実施

  掛川市議会では、各常任委員会が1年間のテーマを定め、現地調査やリモートによる視察等を行いながら調査研究を進め、議会報告会で中間報告を行いながら市民意見を聴取し、検討を重ねてきました。これら、所管の常任委員会が調査研究の成果としてまとめた3つのテーマと、市内の経済状況を踏まえた緊急テーマについて、全議員で政策討論を重ね、合意形成を図りました。

 

市長へ提言

   新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、景況感は依然として厳しい状況が続いている。これまで、国及び県・市は様々な対策を講じてきたが、市民を守る更なる施策が求められている。早急に対策を講じなければいけないもの、このピンチをチャンスと捉え、新たな生き方に合わせた移住定住策、ふくしあを中心とした掛川型地域包括ケアシステムを更に充実させるなど、市民の皆様が今以上に、安全で安心した暮らしができるよう、提言として取りまとめ、令和3年3月29日に大石勇議長から松井三郎市長に提言書を手渡しました。

 

〇IMG_6102.JPG〇IMG_2849.JPG

                 議長から市長へ提言書を渡す

 

〇IMG_6095.JPG

                   議長から提言書の概要を説明

 

政策提言書

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる