総合トップ広報かけがわ2016年11月9日 お達者市民のいるまちへ 多職種連携で初会合
総合トップ2016年11月9日 お達者市民のいるまちへ 多職種連携で初会合

2016年11月9日 お達者市民のいるまちへ 多職種連携で初会合

2016年11月9日更新

テーブルを囲んで課題を出し合う参加者らの写真
さまざまな立場で地域の課題を出し合う参加者ら

県が公表する健康寿命の指標である「お達者度」の県下一を目指す「かけがわ『生涯お達者市民』推進プロジェクト委員会」と市は11月9日、推進連絡協議会を立ち上げ、初会合を開きました。
同協議会は、保健活動推進委員会やシニアクラブ、地区まちづくり協議会、健康づくり実践事業所など、市内で健康づくり活動に関わる団体メンバーや市職員などが連携し、健康づくりに取り組むための意見交換の場を提供しようというもの。会議には関係者ら約100人が参加しました。
プロジェクト委員長の浅井副市長が趣旨説明を行ったほか、浜松医科大学の尾島俊之教授が「地域の絆で健康寿命を延ばそう!」と題して講演を行いました。続いて、参加者らは地域ごと10グループに分かれ意見交換。さまざまな立場から、健康づくりや健康寿命を延ばすための課題を出し合いました。
参加者からは「落語会を開いたら大盛況。ゆるやかな内容の方が人が集まる」「サロンに吹き矢を組み込んだら評判が良い」「会社対抗体育祭をやってみたらどうか」など、さまざまな意見が聞かれました。

2016年11月9日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる