総合トップ広報かけがわ2016年12月14日 特別講座で命の大切さ学ぶ 城東中1年生
総合トップ2016年12月14日 特別講座で命の大切さ学ぶ 城東中1年生

2016年12月14日 特別講座で命の大切さ学ぶ 城東中1年生

2016年12月14日更新

講師の話に耳を傾ける生徒たち
小川教授の話に耳を傾ける生徒たち

小川教授から人形を渡され新生児の抱き方を学ぶ生徒の様子
小川教授から人形を渡され新生児の抱き方を学ぶ生徒

城東中学校1年生約80人が12月14日、東京女子医科大学大東キャンパスで、同大学の小川久貴子教授による特別講座「いのちの授業」を受けました。
この授業は、城東学園の取り組みの一環。生命の大切さを学ぶため、学級活動の中に同授業が組み込まれていることや、地域にある大東キャンパスとの連携を深めることを狙いに、同大学に講師を依頼しました。
教授は、思春期に身体が成長し性ホルモンが活発化することや、男性と女性で心と行動に違いがあることを説明。心も体も大人に近づいていくなかで、将来像を描き命を大切にする意味を説きました。また、生徒たちは、新生児の重さをイメージした3キログラムの妊婦体験ジャケットを着込んだり、新生児人形を抱いたりして、妊娠や出産の苦労、命の尊さを実感していました。

2016年12月14日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる