総合トップ広報かけがわ2016年12月27日 掛川芙蓉会と福祉避難所開設運営協定
総合トップ2016年12月27日 掛川芙蓉会と福祉避難所開設運営協定

2016年12月27日 掛川芙蓉会と福祉避難所開設運営協定

2016年12月27日更新

松井市長と小野田理事長ら四人の男性が締結書を見せて並んでいる
協定を締結した小野田理事長(左から2人目)と松井市長(左)

「災害時における福祉避難所の開設運営に関する協定」締結式が12月27日、掛川市役所で行われ、社会福祉法人掛川芙蓉会の小野田光雄理事長と松井市長が協定書を取り交わしました。
福祉避難所とは、災害時に広域避難所での生活が困難な要配慮者を受け入れるにあたって必要な要件を備えており、市の指定を受けた公共施設や福祉施設など。この協定により、同会が市内で運営する就労継続支援B型事業所「掛川工房つつじ」と生活介護事業所「あいあい学園」が、災害発生時の福祉避難所として開設・運営できます。
締結式で松井市長は「要配慮者に安心感を与える。協定の意義は大きい」と述べると、同席した掛川工房つつじの滝口裕二施設長は「いつ起きるかわからない地震に備え、施設も体制づくりに励む」と応えました。

2016年12月27日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる