総合トップ広報かけがわ2016年1月10日 感謝を胸に次のステージへ 市内3会場で成人式
総合トップ2016年1月10日 感謝を胸に次のステージへ 市内3会場で成人式

2016年1月10日 感謝を胸に次のステージへ 市内3会場で成人式

2016年1月10日更新

掛川会場のステージで新成人の誓いを述べる袴姿の鈴木さんと着物姿の黒田さん
掛川会場のステージで新成人の誓いを述べる鈴木さん(左)と黒田さん(右)

平成28年成人式が1月10日、市内3会場で開催されました。
今年の新成人は、平成7年4月2日から平成8年4月1日に生まれた1,144人(掛川区域816人、大東区域232人、大須賀区域96人)。約1,000人が式典に参列し、決意新たに大人の一歩を踏み出しました。
式典では、当時の恩師や来賓が見守るなか、代表による「新成人の誓い」をはじめ、記念品と来賓の祝辞が贈られました。掛川会場では、出席した673人を代表して鈴木巧大さんと黒田さくらさんが「高い志を持ち、夢や目標に向かって日々精進します。笑顔で楽しく暮らせる掛川を、自らの手でつくっていかなければならないと思います」など、誓いの言葉を述べました。
松井市長はあいさつで、両親や家族への感謝の気持ちを伝えることが大切だと伝えた後、「政治、経済、世界の動向にも関心を持ち、世界で活躍する人になって掛川に戻ってきてほしい。みなさんの特権は再チャレンジができること。いろいろなことに挑戦し、掛川市に大きな力を与えてほしい」と大きな期待を寄せました。
また、各会場では、新成人の代表で組織する実行委員会が企画したイベントも披露。思い出のつまった写真スライドショー、小・中学校時代の恩師からのメッセージビデオがステージ上のスクリーンに映し出され、懐かしい記憶とともに会場が笑顔に包まれました。

2016年1月10日

カテゴリー

チャットボット:僕に何でも聞いてね

チャットボット

閉じる