総合トップ広報かけがわ2016年3月27日 火縄銃、髙天神にごう音鳴り響く 髙天神社例大祭
総合トップ2016年3月27日 火縄銃、髙天神にごう音鳴り響く 髙天神社例大祭

2016年3月27日 火縄銃、髙天神にごう音鳴り響く 髙天神社例大祭

2016年3月27日更新

ギャラリーの前で火縄銃の射撃を実演する駿府古式炮術研究会の人たちの写真
駿府古式炮術研究会による火縄銃の炮術演武

髙天神社の例大祭が3月27日、髙天神城跡で行われ、多くの参拝者や観光客でにぎわいました。これは、1年に1度、3月の最終日に東峰(ひがしみね)の社(やしろ)に神様が里帰りするというもの。今年は晴天に恵まれ、御神輿渡御行列が3年ぶりに行われました。御神輿が無事が元の神社跡に到着すると、神事がしめやかに執り行われました。
搦(から)め手門参道では、掛川観光協会大東支部をはじめ、大東商工会やJA遠州夢咲などが協力して催し物を企画。地場産品の展示・即売やカラオケやダンスなどの芸能ひろば、甘酒や新茶のてんぷらの無料サービス、新茶の手揉み実演などが行われ、多くの家族連れでにぎわいました。
また、火縄銃の炮術演武では、陣羽織を着込んだ駿府古式炮術研究会会員8人が、指揮者の合図とともに、「つるべ射ち」や「居放し」など体勢からの射撃を実演。火縄銃のごう音が髙天神城跡に響き渡ると、ギャラリーからは大きな拍手が起こりました。 

2016年3月27日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる