総合トップ広報かけがわ2016年4月8日 安定給水と工事の安全を祈願 水道感謝のつどい
総合トップ2016年4月8日 安定給水と工事の安全を祈願 水道感謝のつどい

2016年4月8日 安定給水と工事の安全を祈願 水道感謝のつどい

2016年4月8日更新

水神宮にて、神主さんが御幣を振りながら給水と工事の安全祈祷をしている様子
感謝のつどい・例祭が挙行された水神宮

十九首区にある水源地公園隣の浄水場跡地で4月8日、市主催の「水道感謝のつどい」と掛川市菅工事業協同組合(松井光弘代表理事)主催の水神宮例祭が執り行われました。
感謝のつどいは、自己水源に貧しかった旧掛川町の先人たちが、大正10年にこの地で水道事業を始めたことから、その功績と水の恵みに感謝しようと毎年行われています。また、今年1年間の安全・安心・安定した給水と工事の安全を祈願するため、同組合が神事を営んでいます。
つどいには、市水道事業所の職員をはじめ、同組合員ら関係者約60人が参加。松井市長は「安心、安全、安定給水を図るため、水源確保と施設整備に努め、効率的な経営と良質なサービスを提供していきたい」とあいさつしました。
掛川区域の水道の歴史は古く、県内では熱海市に次いで2番目に創設されています。

2016年4月8日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる