総合トップ広報かけがわ2016年5月31日 田植え体験で食への感謝を
総合トップ2016年5月31日 田植え体験で食への感謝を

2016年5月31日 田植え体験で食への感謝を

2016年5月31日更新

横一列に並んで苗を植える児童
真剣な表情で苗をていねいに植える児童

西郷小学校5年生64人が5月31日、学校近くの田んぼで田植えに挑戦しました。
これは、総合的な学習の時間の一環で、地域の方々との交流を深めながら、食への感謝の気持ちを醸成しようというもの。今年も、地域おこし団体「美郷会」(戸塚知治会長)の指導を受けながら、米作りを行いました。
児童らは、ぬかるんだ泥の感触に悪戦苦闘しながらも、美郷会メンバーの指示のもと横一列に並び、約500平方メートルほどの田んぼに苗をていねいに植えていきました。作業を終えた児童からは「苗が浮いてこないようにするところが難しかった」「ぬるぬるして気持ち良かった」などの感想が聞かれました。
また、同会が児童に楽しんでもらおうと、隣接する田んぼにうなぎ30匹を放流。田植え後、児童らは泥んこになりながら、競ってつかまえたり、うなぎそっちのけで泥遊びを楽しんでいました。

2016年5月31日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる