総合トップ広報かけがわ2016年6月15日 市内2美術館に顕彰板設置
総合トップ2016年6月15日 市内2美術館に顕彰板設置

2016年6月15日 市内2美術館に顕彰板設置

2016年6月15日更新

二の丸美術館に設置された顕彰板の両サイドに立つ松井市長や木下館長ら関係者
二の丸美術館で顕彰板を披露する松井市長(左から3人目)ら

二の丸美術館とステンドグラス美術館に顕彰板が設置され、6月15日二の丸美術館で除幕式が行われました。
これは、両美術館が美術品や工芸品などの寄贈により建設された経緯や、寄贈者の功績を来館者に知ってもらうため、青少年の健全な育成や高齢者福祉の増進について積極的な活動を行っている公益財団法人村岡財団(村岡義夫理事長)の助成により設置したものです。二の丸美術館の顕彰板は縦60センチメートル、横90センチメートルのアクリル製で、高さ180センチメートルの柱で掲げられています。
除幕式には松井市長のほか、村岡理事長、木下清志名誉館長ら関係者が出席。松井市長は「同美術館は来年で開館20周年を迎える。開館の経緯を来館者に知ってもらうことは大変意義深い」とあいさつしました。

2016年6月15日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる