総合トップ広報かけがわ2016年6月18日 大池公園に親子で植樹 第二小学校
総合トップ2016年6月18日 大池公園に親子で植樹 第二小学校

2016年6月18日 大池公園に親子で植樹 第二小学校

2016年6月18日更新

大池公園内のこどもの森にどんぐりの苗を植える親子
仲良く苗木を植える親子

6月18日、大池公園内のこどもの森で植樹祭が行われ、第二小学校の児童と保護者らが参加しました。
これはB&G財団が取り組む「海を守る植樹教育事業」で、子どもたちが命や自然の大切さを学ぶことを目的とした体験型の環境教育です。掛川市では3年前から実施しています。
この日植樹したのは、第二小学校の児童らが約2年半前に拾ったドングリから育ててきた苗木など計8種類350本。NPO法人時ノ寿の森クラブ(松浦成夫理事長)の指導のもと、約150人の親子が植樹しました。参加者らは、同じ種類の苗が隣り合わせにならないように考えながら、ていねいに植えていました。
最後は、苗木を保護し水分を蓄えるために木のチップをかけて終了。日差しが強い中作業を終えた児童は「自分の植えた木が大きくなってほしい」と話しました。

2016年6月18日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる