総合トップ広報かけがわ2016年7月1日 川の冷たさ肌で体感 児童が原野谷川で校外学習
総合トップ2016年7月1日 川の冷たさ肌で体感 児童が原野谷川で校外学習

2016年7月1日 川の冷たさ肌で体感 児童が原野谷川で校外学習

2016年7月1日更新

深さ20センチほどの川に入りタモ網や箱メガネで水生昆虫などを捕まえて川遊びを楽しむ児童たち
箱メガネを使って水生昆虫などを探す児童たち

西郷小学校1年生が7月1日、原泉地区にある「ならここの里」付近の原野谷川で校外学習を行い、水辺の自然とふれあいました。
これは生活科授業の一環で、原泉小学校が西郷小と統合された平成22年度から毎年行っています。きれいな水のある環境に親しみながら自然を肌で感じてもらうほか、異なる小学校区が一つになったことを楽しみながら覚えてもらう狙いもあります。
児童54人は深さ20センチほどの川に入り、タモ網で水生昆虫を捕まえたり、川の冷たさを感じたりして川遊びを楽しみました。

2016年7月1日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる