総合トップ広報かけがわ2016年8月2日 定員120人の認可保育所 岡津地内で安全祈願祭
総合トップ2016年8月2日 定員120人の認可保育所 岡津地内で安全祈願祭

2016年8月2日 定員120人の認可保育所 岡津地内で安全祈願祭

2016年8月2日更新

玉串を捧げるあそび学園の馬塚孝雅社長とそれを眺める参列者
玉串を捧げるあそび学園の馬塚孝雅社長

園舎の前の園庭で大人と子供が遊んでいるあそび保育園の完成イメージ図
あそび保育園の完成イメージ図

「掛川あそび保育園」新築工事の安全祈願祭が8月2日、岡津地内で行われました。
同園を運営するのは、浜松市や袋井市で4園を経営している株式会社あそび学園(馬塚孝雅社長)。掛川市内での運営は初めてで、これが5園目となります。
園舎は、鉄骨造2階建て、延べ床面積約1,680平方メートル。事業費は350,000,000円で、市が建設費の一部を補助します。定員は120人。完成は平成29年3月下旬で、同年4月から開園する予定です。
祈願祭には、運営会社関係者や市、地元自治会、建設関係者ら約40人が出席。馬塚社長は「待機児童解消という子育て支援で、少しでも掛川市や地域の力になりたい」とあいさつ。松井市長は「子育て環境の整備は最重要課題。120人の保育所設置は大変喜ばしい。開設後は、質の高い保育を実施してほしい」と子育て施策の充実に期待を寄せました。
市内で株式会社が運営する認可保育園が建設されるのは、今回が初めてです。

2016年8月2日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる