総合トップ広報かけがわ2017年10月14日 絵本作家みずから開き読み 川端誠さんが絵本ライブ
総合トップ2017年10月14日 絵本作家みずから開き読み 川端誠さんが絵本ライブ

2017年10月14日 絵本作家みずから開き読み 川端誠さんが絵本ライブ

2017年10月14日更新

熱心に聞き入る聴衆を前に絵本を左手に笑顔で話す絵本作家の川端誠さん
ユーモアたっぷりの語り口で聴衆を魅了する川端さん(右)

絵本の原画を並べ解説する川端誠さんと原画の前に並び解説を聞く参加者
絵本の原画を解説する川端さん(中央奥)

横須賀地区にある清水邸本宅で10月14日、絵本作家の川端誠さんが自身の作品を開き読みする「絵本ライブ」が開かれ、親子連れなど約80人が絵本の世界観や軽快なトークを楽しみました。
地元の大須賀図書館ボランティア「このゆびと~まれ」(石野弓子代表)が同住宅で主催する「絵本を抱えて遠州横須賀へ2017」の川端さん原画展の最終日イベント。
川端さんは、古典落語を絵本にした「そばせい」や「ときそば」のほか、原画展で展示している「さくらの里の風来坊」など6作品を、おもしろおかしく開き読み。来場者は笑い声を上げて楽しみました。また、「湯気の色の濃さで寒さを表現している」など、作品の見どころなども紹介し、会場を沸かせました。
平成23年から毎年、同グループが川端さんを講師に招きイベントを企画。原画展と絵本ライブは今回で2回目となります。代表の石野さんは「今回は大人の参加が多くうれしい。絵本の魅力や奥深さを知ってもらい、絵本を通した地域の世代間交流を深めてほしい」と話しました。
川端さんは、昭和57年に「鳥の島」で第5回絵本にっぽん賞を受賞。落語絵本やお化けシリーズなど、幅広い年齢層に人気があります。

2017年10月14日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる