総合トップ広報かけがわ2017年10月31日 東山口小 第5の味「うまみ」を知ろう
総合トップ2017年10月31日 東山口小 第5の味「うまみ」を知ろう

2017年10月31日 東山口小 第5の味「うまみ」を知ろう

2017年10月31日更新

紙コップで昆布だしを試飲しうまみを実感している児童たちの写真
昆布だしを試飲し「うまみ」を実感する児童たち

東山口小学校6年生19人が10月31日、同校家庭科室で味覚の授業を行いました。家庭科の授業の一環で「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」と、日本特有の「うまみ」を学びながら、五感を使って食べる楽しさを知ってもらうため、市内で飲食店を営む加藤健太さんを講師に招き試食・試飲をしました。
児童たちは、砂糖、岩塩、酢、ビターチョコレートの味を確かめたあと、昆布などで取っただしを試飲し「うまみ」を実感しました。
平野晃星(こうせい)さんは「味を意識して食べると違いがわかる。お母さんの料理も味を意識して食べたい」と笑顔で話しました。
授業の最後に児童たちは、加藤さんが作ったうまみ成分たっぷりの茶わん蒸しを実食。五味を意識しながら味わいました。

2017年10月31日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる