総合トップ広報かけがわ2017年10月6日 柔道形競技で全国出場 市長へ健闘を誓う
総合トップ2017年10月6日 柔道形競技で全国出場 市長へ健闘を誓う

2017年10月6日 柔道形競技で全国出場 市長へ健闘を誓う

2017年10月6日更新

柔道着姿で松井市長と話をする石田康次朗さんと三木にこさん
松井市長(右)に全国での抱負を語る石田さんと三木さん

7月に愛知県で開かれた東海少年柔道形競技会で3位入賞を果たし、全国大会出場を決めた三木にこさん(桜木小5年)と、ペアを組む石田康次朗さん(藤枝市立高洲小6年)が10月6日、掛川市役所を訪れ松井市長に健闘を誓いました。
柔道形とは、「投げる役」と「受ける役」の2人1組で、投げ技9種目の技のキレや整合性・再現性を得点によって競い合うもの。大会では三木さんが受ける役、石田さんが投げる役となって自慢の演舞を披露しました。
松井市長は「全国大会での活躍を期待しています」と2人を激励すると、三木さんは「県大会で戦った選手や指導者、支えてくれる周りの人たちのことを思って演舞したい」と、石田さんは「お互いの呼吸が大事。練習の成果を発揮して頑張りたい」とそれぞれ決意を述べました。

2017年10月6日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる