総合トップ広報かけがわ2017年2月19日 郷土の偉人に続け! 第1回吉岡彌生賞表彰式
総合トップ2017年2月19日 郷土の偉人に続け! 第1回吉岡彌生賞表彰式

2017年2月19日 郷土の偉人に続け! 第1回吉岡彌生賞表彰式

2017年2月19日更新

松井市長から表彰を受ける小学生の部の入賞者ら
松井市長(右)から表彰を受ける小学生の部の入賞者ら

入賞者や関係者らで並んで記念撮影
入賞者や関係者らで記念撮影

今年度、市、市教委、東京女子医科大学が創設した「はばたけ未来の吉岡彌生賞」の第1回表彰式が2月19日、同大学大東キャンパスで開かれました。
この賞は、土方地区出身で日本の女性医師育成に尽力し、同大学を創設した郷土の偉人・吉岡彌生の業績を後世に伝え顕彰するとともに、次代を担う子どもたちの夢と希望、志を育むため、優れた研究を表彰しようというもの。
今回、応募のあった健康・福祉、理科、環境などに関する研究や論文、実践レポートなど124点の中から、小学生の部は第二小5年の赤堀陽菜さんが、中学生の部は大須賀中1年の髙井楓生さんが、高校の部は静岡雙葉高化学部(2年・グループ研究)がそれぞれの最優秀賞に選ばれました。受賞者には松井市長や同大理事長の吉岡俊正さんから、表彰状と記念品が手渡され、来場者からは大きな拍手が送られました。
松井市長はあいさつで「興味や探究心から生まれた疑問・仮説を考えた努力が今日の結果となった。彌生先生を見習い、世界へ挑戦する若者に育ってほしい」とエールを送りました。また、最後に吉岡理事長が「レベルの高さに感心した。研究は失敗が9割以上だが、その中からいろいろと学べる。失敗の楽しさを知り、将来は研究者やクリエーターになってほしい」と講評を述べ、受賞者を称えました。
入賞作品は、大東キャンパスに隣接する吉岡彌生記念館2階で今年3月末まで展示されます(中学生以下入館無料)。

  • 【小学生の部】優秀賞:東出桜典さん(佐束小4年)、奨励賞:森下真緒さん(日坂小1年)、匂坂陽未花さん(桜木小2年)、西尾結乃さん(和田岡小3年)、櫻井梨瑛さん(第二小4年)、鈴木日菜さん(桜木小4年)、西尾陽太さん(和田岡小5年)
  • 【中学生の部】優秀賞:鈴木健太さん(桜が丘中2年)、奨励賞:塩﨑正基さん(西中1年)、高橋礼未さん(桜が丘中1年)、新島聖也さん(西中2年)、岡田瑛士さん(西中2年)、羽山七海さん(附属島田中2年)
  • 【高校生の部】優秀賞:横澤美穂さん(清流館高3年)、奨励賞:環境科学研究部(富岳館高2年)、YEAST(掛川西高3年)、薮埼百香さん(清流館高3年)

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる