総合トップ広報かけがわ2017年2月6日 第一小で「国旗・市旗・校旗」パネル寄贈式
総合トップ2017年2月6日 第一小で「国旗・市旗・校旗」パネル寄贈式

2017年2月6日 第一小で「国旗・市旗・校旗」パネル寄贈式

2017年2月6日更新

体育館に掲揚されたパネルを前に清水銀行常務取締役の岩山靖宏さん等にお礼の言葉を述べる中野さんの写真
体育館に掲揚されたパネルを前にお礼の言葉を述べる中野さん(左)

第一小学校で2月6日、国旗と市旗、校旗の掲揚パネルの贈呈式が同校体育館で行われました。
これは、清水銀行が地域の教育水準向上を目的にした「地方創生私募債」を活用したもの。発行額の0.2パーセント相当額の物品を、発行企業が指定する学校に寄贈するというもので、今回発行した静岡総合不動産(村岡義夫社長)が第一小を寄贈先に指定しました。
パネルはそれぞれ横135センチメートル、縦90センチメートルのプラスチック製。アルミのフレームで囲われています。これまでは布の旗を使用していましたが、これに代わりステージ上へ揚げられることになります。
式典では、清水銀行常務取締役の岩山靖宏さんが「取引先と協力し、学校にお手伝いをさせてもらった。勉強や運動をがんばって」とあいさつ。続いて村岡社長が「自分が本当に好きな教科をみつけ、がんばってほしい。神様が夢をかなえてくれる」とエールを送りました。
生徒を代表して6年生の中野百詠(もえ)さんが「これから何年先もたくさんの子どもたちを見守ってくれるこの旗を大切にしていきたい」とお礼を述べました。

2017年2月6日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる