総合トップ広報かけがわ2017年3月15日 被災地へ鎮魂と復興のレクイエム 枢機卿らに応援大使任命
総合トップ2017年3月15日 被災地へ鎮魂と復興のレクイエム 枢機卿らに応援大使任命

2017年3月15日 被災地へ鎮魂と復興のレクイエム 枢機卿らに応援大使任命

2017年3月15日更新

舞台の上に立つロッシーニ歌劇場管弦楽団と市民合唱団の写真
ロッシーニ歌劇場管弦楽団と市民合唱団が被災地へ祈りのハーモニーを届けた

松井市長から任命証を受け取るモンテリーズィ枢機卿の写真
松井市長(右)から任命証を受け取るモンテリーズィ枢機卿

松井市長から応援大使の任命を受けるサルッチ楽団総裁らの写真
松井市長(右)から応援大使の任命を受けるサルッチ楽団総裁ら

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート「バチカンより日本へ 祈りのレクイエム日本公演2017 IN 掛川」が3月15日、市生涯学習センターで開催されました。
本公演は2年ぶり2回目。昨年9月に掛川市と姉妹都市提携を締結した伊・ペーザロ市を拠点とするロッシーニ歌劇場管弦楽団が、ペーザロ市市歌をはじめ、ロッシーニ作曲のオペラ「セビリアの理髪師」や「ウイリアム・テル」など6曲を披露しました。
後半は、市民合唱団「Kakegawaシティコーラス」約120人と同楽団が共演。最高峰のオーケストラとともに、1時間にわたるモーツァルト作曲「レクイエム」全曲を奏で被災地へ復興の祈りを届けました。曲が終わると、会場からは鳴りやまないほどの大きな拍手が起こりました。
公演開始前には、掛川市がシティープロモーション活動の一環として創設した「輝くかけがわ応援大使」の任命式も行いました。名誉応援大使にバチカン市国のモンテリーズィ枢機卿、応援大使にペーザロ市のマッテーオ・リッチ市長、同市ダニエーレ・ヴィミニ副市長、サウル・サルッチ楽団総裁、掛川市出身でテノール歌手の榛葉昌寛さんが就任。同日出席した4人に、松井市長から任命証が手渡されました。

2017年3月15日

カテゴリー

このページと
関連性の高いページ

    チャットボット:僕に何でも聞いてね

    チャットボット

    閉じる